個人事業主必見の節税方法

副業を基に個人事業主を目指す方のための情報サイト

個人事業並びに個人事業主の特徴

事業の経営形態は様々な形で分類可能ですが、今回は個人事業主と法人の相違に対して焦点を当て、それぞれを比較してみましょう。

個人事業主と法人の違いは、手続き・税金・社会的信用・保険の四つの要素から比較が可能で、手続きに関しては、開業・廃業のどちらも届け出のみで済む個人事業主に対して、法人は開業には定款作成と法人登記、廃業には解散登記が求められ、税金は経費の適用範囲が個人事業主と法人で異なり、法人の適用範囲が広く、社会的な信用も法人に軍配が上がる他、生命保険や社会保険の控除金額も法人が勝ります。

一見すると個人事業主よりも法人の方が勝りますが、法人には法人のデメリットがあり、会社のルールを明確に示した定款の作成が義務付けられたり、黒字・赤字に関わらず一律に税金を徴収されたりする上に、各種手続きの煩雑さが個人事業主の比ではありません。

もちろん個人事業主にもデメリットはあり、社会的信用性の高さでは法人に及びませんし、税金の控除も同様に法人に及びませんが、開業・廃業が容易であることは十分なメリット足り得るはずです。

このように、個人事業主と法人にはそれぞれ、メリット・デメリットが存在するため、事業を立ち上げる際には両者の長短を天秤にかけ、事業形態を選択することが求められることになりますので、開業後の売上の高低を含めた様々な要素を多角的に検証し、事業規模に見合った経営形態を選択することを強くお勧めします。

個人事業主と法人の違いを考える

事業の経営形態における個人事業主にスポットを当てて、一般的なイメージと認識に基づく個人事業主のあり方に対する私見を述べると共に、個人事業主の経済活動上のメリットとデメリットをまとめることで、個人事業主という経営形態に関する基本的な情報の集約を試みました。

主に個人事業主が請求される税金と節税法

個人事業主に対して国から請求される主な税金を一般的なものと、個人事業主特有のものに分類しつつ、それぞれを簡易に解説して、個人事業主に対する課税の内訳に触れつつ、個人事業主にとって節税の基本となる青色申告について解説することで、個人事業主に課される税金の内容と節税法の基礎を取りまとめています。

様々な形の節税対策

事業において有効な節税対策の内、個人事業主にとっても有益な節税対策をまとめることを主眼に置いて、レンタルやリースを用いた固定資産税の節税について具体例を交えて触れ、節税効果が望める制度のうち、比較的メジャーな二つの制度を挙げて、その制度の有効性と節税効果を提示しました。