個人事業主必見の節税方法

副業を基に個人事業主を目指す方のための情報サイト

主に個人事業主が請求される税金と節税法

個人事業主に課せられる税金

基本的に、個人事業主に課せられる税金は五つで、所得税・住民税・消費税の通常課せられる税金に加えて、事業税と償却資産税の二つの事業に関係する税が加わります。

ご存知の方が大半かと思われますが、所得税は所得に対する課税、住民税は前年の所得に都道府県民税と区市町村民税を合わせた課税、消費税は取引に際しての一律な課税で、いずれも事業主でなくとも収めている代表的な税です。

対して事業税は、事業所得に対して課せられる税、償却資産税は固定資産税の一部であり、事業に関係する固定資産が対象となります。

事業税と償却資産税はいずれも個人事業主に支払いが義務付けられている税金ですが、個人・法人に関わらず事業主のみが納めなければならない税金となりますので、特に覚えておくべきでしょう。

スタンダートな節税対策

はじめに白色申告と青色申告の違いを述べておきますが、個人事業主の確定申告は白色申告と青色申告に分類され、白色申告にも事前申請が不要であり簡易な帳簿と提出書類が少ないなどのメリットがあるものの、税の控除が受けられませんが、青色申告はより詳細な帳簿と煩雑な手続きと引き換えに、青色申告特別控除をはじめとした、各種税控除を受けることができるため、個人事業主としての申告を行ったのであれば、青色申告のメリットは白色申告のそれと比較して大きいものです。

青色申告こそ個人事業主にとっての節税対策の要であり、申請に成功し青色申告特別控除を受けることができれば、配偶者に青色専従者給与を経費として支払うことができるなど、個人事業主としての申請は、青色申告の為に行うと言っても過言ではありません。