個人事業主必見の節税方法

副業を基に個人事業主を目指す方のための情報サイト

様々な形の節税対策

レンタルとリースを利用した節税

効果的な運用ができれば、企業経営においてレンタルやリースは、節税を含めて大いに役立ちます。

法人が主な対象ではあるものの、個人事業主にもレンタルとリースは活用の余地がありますので、具体的に触れていきましょう。

まず、フットワーク軽い経営者にとってのメリットですが、流行やトレンドを捉えて行う事業の場合、そのトレンドや流行が永続しないことを念頭に置く必要があるため、短期間の利用であればオフィスを購入するのはデメリットが大きいため、多少割高でもレンタルが有効です。

また、開業資金が少ない場合、オフィスやオフィス機器をリース契約で賄ってしまうのも一つの手段でしょう。

ちなみに共通のメリットとして固定資産税がかからない点が挙げられ、レンタルのメリットに短期間契約が可能であること、リースのメリットに長期契約が前提となるもののレンタルよりも安価であることがそれぞれ挙げられます。

その他個人企業主向けの節税対策

個人事業主でも可能な節税対策は青色申告以外にもいくつか存在しますので、比較的メジャーで尚且つ、効果が望める二つの制度をご紹介致します。

一つは個人型確定拠出年金制度で、これは個人型年金積立制度の一種であり、自分の年金を自分で積み立てることを目的としており、厚生年金に加入できない個人事業主のフォローすることも役割としているのみならず、掛金が全額所得控除の対象となることから、積立と節税を両立できる制度です。

二つ目は、経営セーフティ共済で、こちらは取引相手の突発的な倒産に対して借入による対策を行うための制度で、掛け金の十倍の借り入れが可能であると共に、やはり掛金が全額所得控除となる制度であるため、保険と節税を両立することができます。