トヨタ ハイエース リコール。 【リコール】トヨタ 39車種21万台の燃料ポンプに不具合があるとして再リコール(Auto Prove)

トヨタ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

が、作業予約がいっぱいで(リコール以外にも通常作業でも忙しいらしい)、予約が取れたのは2週間以上も先。

修理工場のオヤジさんも言ってたぜ~。 今回の塗装修理ので塗装に剥がれの症状が出ている方はトヨタ販売店へ問い合わせして点検を受けてください。

トヨタ、ハイエース など8万8000台をリコール 走行不能となるおそれ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

リコールで色々換えてるにも関わらず、 7万㎞経って結局これだもんな~ トヨタの技術じゃ無理だから、 ISUZUかマツダか三菱のエンジン積んでくれたら新車で 買ってもいいんだけどな. ハイエース 201 1KD いわゆるハマりの二型の・・・ ついに・・・が、やってきた。

6
あーあ、 期待損(笑) まとめ って、まとめるほどの内容はないが、自分の車がリコールになっても、ディーラーから案内がきて、修理予約して持っていくだけなので、時間を取られる以外は特にどうと言うことはない。 トヨタ自動車は2月12日、『ハイエース』および『レジアスエース』の自動変速機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

トヨタ リコール等情報 | 2019年 | ハイエース、ランドクルーザープラドなどのリコール

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

ちなみに、確認はで車検証の車体番号を入れると対象かどうかわかるようになっている。

対象車種 トヨタ ・アルファード(2017年7月7日~2019年5月25日) ・ヴェルファイア(2017年7月7日~2019年5月25日) ・ヴォクシー(2018年6月12日~12月24日) ・エスクァイア(2018年6月12日~12月24日) ・カムリ(2018年6月14日~2019年2月5日) ・クラウン(2017年7月20日~2019年6月14日) ・センチュリー(2018年7月10日~2019年11月29日) ・トヨタ救急車(2018年6月12日~11月26日) ・ノア(2018年6月12日~12月24日) ・ハイエース(2018年6月12日~11月25日) ・ハリアー(2018年5月11日~2019年4月16日) ・ランドクルーザー(2018年7月26日~2019年4月4日) ・ランドクルーザープラド(2018年6月14日~12月6日) ・レジアスエース(2018年6月12日~11月25日) 対象車種 レクサス ・ES300h(2018年9月18日~2019年1月29日) ・GS200t(2017年7月7日~2019年5月31日) ・GS300(2017年7月7日~2019年5月31日) ・GS300h(2018年7月10日~2019年1月15日) ・GS350(2017年7月7日~2019年5月31日) ・GS450h(2018年7月10日~2019年4月15日) ・IS200t(2017年7月5日~2019年5月17日) ・IS300(2017年7月5日~2019年5月17日) ・IS300h(2018年7月10日~2019年1月11日) ・IS350(2017年9月29日~2019年5月6日) ・LC500(2017年7月21日~2019年6月19日) ・LC500h(2017年7月21日~2019年6月18日) ・LS500(2017年10月11日~2019年5月27日) ・LS500h(2017年8月23日~2019年5月27日) ・LX570(2018年7月26日~2019年4月4日) ・NX300(2018年5月11日~2019年4月20日) ・RC200t(2017年7月7日~2019年5月17日) ・RC300(2017年7月7日~2019年5月17日) ・RC350(2017年7月18日~2019年5月17日) ・RC300h(2018年7月10日~2019年1月11日) ・RX300(2018年5月21日~2019年12月6日) ・RX450h(2017年7月27日~2019年9月6日) ・RX450hL(2017年11月15日~2019年9月6日) 対象車種 ダイハツ ・アルティス(2018年6月15日~2019年1月30日) 《纐纈敏也@DAYS》. あくまで全然加速せず、まんまNA状態。

トヨタ、ノア など39車種21万台を再リコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

二次エアーを吸って燃調とれなくなり 症状が出始めて、 コンピューターが異常察知で NA状態で走れるようになった様子。

18
この日はどうにかなったが、どうにかならない場合はどうしてくれるのだろうか? で、ちょっと期待したのが、お詫びの品。

「欠陥 ハイエース 1KD」holysoldierのブログ | holysoldier_193のページ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

やれやれ。 症状は、 たまにのハンチングが、アイドリング以外の走行中全域になり、 2・3㎞走った頃にはアイドリングもしどろもどろ。

TOYOTA リコール情報より この資料から、ディーゼル車に不具合が集中しているような印象を受けますね。

トヨタ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

ディーラー、ハイエース専門店以外の 修理工場の大半は、 200系1KDのオイルがDL-1指定なんて知らないし、 ラジエーター液がSSLなのも知らない。 「ハイエース」「レジアスエース」計8万8969台をリコール トヨタ自動車は2月12日、「ハイエース」「レジアスエース」の自動変速機に不具合があるとして、計8万8969台のリコールを国土交通省に届け出た。 ここからは黒煙や異臭はなかったみたい。

【トヨタ・ハイエース】不具合 リコール 対応 不具合と切り離せない「リコール」情報も当然ですが、発表されました。 しかし、自分の場合は自宅や職場からディーラーが近いので大きな不便はなかったが、修理工場が遠いとか、ディーラーの営業時間に車を持っていけない環境だとか、ディーラーが遠いと途端にめんどくささのハードルが上がることだろう。

トヨタ、ノア など39車種21万台を再リコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ

リコール トヨタ ハイエース リコール トヨタ ハイエース

今回のディーラーの対応も、修理時間オーバーはあったものの、とても丁寧で「お客様、申し訳ございせん」感が滲み出る気持ちの良いものだった(自分もメーカー設計勤務だけど、設計サイドが悪いのに、罪のない営業の人間が平身低頭謝る構造は大変だと思う。

ブログ筆者48Rの場合、 トヨタディーラーより40万円も高い査定額でした。