西武 池袋 線 特急。 特急ラビュー :西武鉄道Webサイト

特急ラビュー :西武鉄道Webサイト

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

ダイヤそのものはから既に存在していたが、当時の池袋線関係の列車種別は平日の定期ダイヤの場合だと「特急・急行・準急・各駅停車」のみだったため、現在の「通勤急行」という種別が設定される前は「ひばりヶ丘駅には停車しない急行」や「朝だけ東久留米駅・保谷駅・大泉学園駅に停まる急行」といった表現で利用者は解釈していた(当初は石神井公園駅も通過)。 崖を下るとの跡を通り抜け、バイパス、をくぐり、 に到着する。 「国際バラとガーデニングショウ」開催時に運行される場合にはにも停車する。

18
(昭和34年)• 6月 中村橋 - 富士見台間上り線高架化。

時刻表 :西武鉄道Webサイト

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

保谷駅 - 間の付近に大きなカーブがある。

20
所々に畑が混じる住宅街を抜けて付近で右へカーブししばらくすると 大泉学園駅に到着する。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 快速と千鳥停車となっており、小手指駅 - 大泉学園駅間の各駅と練馬駅に停車し、準急および快速停車駅の石神井公園駅は通過となる。

池袋→西武秩父(西武池袋線特急)|時刻表|ジョルダン

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

有楽町線・副都心線直通のみ準急として運転される。 地下鉄線直通を含め10両編成の運転が基本であるが、急行・快速急行・快速と同様、車両運用の都合で折り返し前後が各駅停車になる場合や東横線・みなとみらい線内を各停で運転される場合は、8両編成で運転される。

歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、・・の支線とを併せて「池袋線」と呼ぶことがある。 (平成19年):でそれまで「スタジアムエクスプレス」「ローズエクスプレス」として運行されていた西武球場前駅行き臨時特急が「ドーム」の統一愛称となる。

特急ラビュー・レッドアロー号 :西武鉄道Webサイト

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

最高速度:105 沿線風景 [ ] 池袋 - 練馬 [ ] この区間は複線で、からまでは地上を走っており、カーブが続く。 は一桁か二桁が与えられる。

19
カーブを抜けてすぐのところにあるから再び複線となる。

西武鉄道、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」内覧会。大型ガラスを採用した車窓から臨場感ある風景が楽しめる

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

稲荷山公園はの航空祭開催時に停車。 の(最寄駅:) 9月頃の花の見頃に臨時列車運転・特急臨時停車。

ヘッドレストは上下に調節可能。

ちちぶ (列車)

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

(昭和61年):新宿線の「むさし」下り列車が本川越駅まで延長運転。 岩沢荷扱所を一般駅に変更して元加治駅開業。

11
運転初日には西武新宿駅での出発式とを運転。 を越えしばらくすると秋津駅に到着する。

小江戸 (列車)

線 西武 特急 池袋 線 西武 特急 池袋

の「入間航空祭」(最寄駅:) 開催日の11月3日に特急臨時停車や始発・終着の臨時列車運転。

20
この入間川橋梁は池袋線の橋梁の中で最も長い。 運転時刻変更で、下り最終が翌日にまたぐ運転となる。