十津川 刑事。 古川りかは結婚した?旦那は?現在の活動は?十津川警部が話題?

<BSフジサスペンス劇場>『西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像 人捜しゲーム』|BSフジ

刑事 十津川 刑事 十津川

川岸 -• 池辺冴子(池辺の妻・元女優) -• 最新作の舞台は、北海道・新十津川町! 主人公・十津川警部とも深い絆が! 山田祐一郎(東亜電機企画課・銀河の乗客) -• 藤沢静江(藤沢の妻) -• 工藤(千葉県警捜査一課 刑事) - 中村尚輝• 中村(静岡県警察 刑事) - 津久井啓太• 和田晴記(大木運送 社員) -• その後、殺人事件の容疑者にされたりもした。

北野久雄(北野の次男・北野製薬 営業部長) -• 長嶺悟(元検事) -• - 劇団コスモス(アーカイブ)• - (2005年2月19日アーカイブ分)• ホステス -• 大川広志(高山ラーメン店「大川」店主) -• - 新作および再放送• 最近では、「警視庁・捜査一課長」「検事の死命」に出演 最近では、2016年に「警視庁・捜査一課長」の最終回や佐方貞人シリーズの第2作である「検事の死命」などに出演しています。

<BSフジサスペンス劇場>『西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像 人捜しゲーム』|BSフジ

刑事 十津川 刑事 十津川

。 岸田(世田谷総合病院 医師・平木の担当医) -• 平木明(小説家) -• 星野貞裕(通産省課長) - 第17作「越後・会津殺人ルート」(1999年)• 後の『』や『』や『・水曜ミステリー9』も含む)で、小林稔侍演じる亀井刑事主演の「日本一周『旅号』殺人事件」が放映される。 田辺淳(元警視庁刑事) -• 先輩の教えは間違ってなかったなと実感しました。

6
警察関係者 [ ] 演 - (第2作)、(第6作・第8作・第11作 - 第36作・第38作 - 第40作・第45作・第46作)、(第9作・第10作)、(第50作・第53作) 警視庁捜査一課長。 鑑識 - 第50作「消えたタンカー」(2013年)• 中山裕子(常陽物産 元秘書・故人) -• 脅迫状の内容は「金森を殺した証拠を握っているから現金500万円を用意しろ」というものだった。

<BSフジサスペンス劇場>『西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡』|BSフジ

刑事 十津川 刑事 十津川

キヨ(沖野家の家政婦) -• 船木三郎(一郎の父・元刑事) -• その後の作品では、また独身に戻っている。 真面目で仕事第一、恨まれる理由などなかったが、経理担当重役の木戸和夫(渡辺裕之)、顧問弁護士の宇佐美隆利(国広富之)らから、被害者の坂西が社内の不正経理の疑いを発見、極秘で調査をしていたと聞く。

9
追いつこうとしても追いつけない存在ですが、この年齢になって分かる部分もある なあと感じるところもあります。 一部作品では 三浦という苗字になっている。

<BSフジサスペンス劇場>『西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像3「危険な判決」』|BSフジ

刑事 十津川 刑事 十津川

篠田(美智の友人) -• 天童温泉の旅館の女将 - 森朝子• 制作進行 - 小川賢治(第5作)、河合伴明(第10作)、片平大輔(第19作)• 木村真矢(=まや:ホステス) -• 新田章(相原の部下) - 國本鍾建• だが決して人の心を傷つけるのが好きというわけではなく、自分が確信した真実が幻影にすぎなかったのではと思った時は、いつまでも消えることのない不安に恐怖を抱いていた。 広田みや子(無職・元不動産会社社員) -• 監禁されている女性を助けるため犯人一味を殴って白状させたり、日下や北条たちを守るために犯人を殺してしまったこともある。

4
高木(高木綜合法律事務所 弁護士) -• 黒木(春枝の恋人) -• 山岡茂(飛騨中華「山岡」店主) -• 不正経理の疑いがあったのは経理部長でギャンブル好きという田村晋太郎(宮川一朗太)。

<BSフジサスペンス劇場>『西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡』|BSフジ

刑事 十津川 刑事 十津川

旧姓は西山。

18
そしてすべてが終わった後、十津川宛の手紙を残して姿を消した。 内海将司(ジャパン自動車杉並営業所 社員・本間刺殺事件の目撃者) -• - (2005年2月8日アーカイブ分)• 安田章(厚生労働省職員) -• 星野貞祐(通商省課長・悠子の夫) -• <出演者> 十津川省三(警視庁捜査一課刑事):高嶋政伸 亀井定男(警視庁捜査一課刑事):古谷一行 平塚八重子(警視庁捜査一課刑事・班長):山村紅葉 中山勝敏(外川漁港管理人):阿南健治 安井久美子(ファイナンシャルプランナー):秋本奈緒美 渡辺義信(銚子中央署刑事):鶴見辰吾 ほか <スタッフ> 原作:西村京太郎 脚本:田子明弘 ほか• 一方で実直で実務的なところもあり、上からの圧力に目を瞑ったりなど、それは十津川も認めている。

十津川警部シリーズ

刑事 十津川 刑事 十津川

山脇浩(小倉マーメード商会 社長) -• 中野達也(自動車修理工) -• 晴香 - 森朝子• 弓岡(タケトミ電機 総務部資料室 社員) -• 小林和美 - 第4作「寝台特急あかつき殺人事件」(1983年)• 鹿島さとみ(星南大学 学生) -• 近藤(金澤タイムス 記者) -• 第56作では亀井刑事が青森県警に出向中だったため、捜査では本来亀井が受け持つ役割を代行していた。

18
作品によっては死亡した三浦警部も存在する。 岸倫子(スマックのママ) -• 読み方「メイメイ」• 進藤 -• 池田信雄(「JR西日本旅客鉄道」ミステリー号企画室 社員) - 出光元• 三村しのぶ(輸入雑貨店社長) -• (第13作) 亀井定雄の長女。

十津川警部シリーズ (渡瀬恒彦)

刑事 十津川 刑事 十津川

井畑徹(「月刊鉄道ウォーカー」記者) -• 田坂耕造(ホームレス・第一被害者) -• 三浦剛(福井県警あわら中央警察署 刑事) -• 杉野(長野県警捜査一課長) -• 津山研一(東西新聞社会部 記者・由紀子の婚約者・「ミステリー号」乗客) -• それもそのはず、母である山村美紗原作のサスペンスドラマには必ずと言っていいほど登場し、実に山村美紗サスペンスシリーズに500作以上出演しています。 紺野夏美(飛騨中華「山岡」従業員) -• 室井(島根県津和野警察署 刑事) -• 久保田あかね 演 - 【旧・伴杏里 】(第52作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。

11
川島裕子(ハスミ医療機器販売 社員・偽名「山岸伊予奈」) -• 瀬能久大郎(代議士) -• 大久保文子 -• 荒木香織(荒木の妻・片山洋の幼馴染) - 第10作「十津川警部「悪女」」(2016年)• 長友順一(間宮の部下) - 木村栄• 小野寺敬子(由美子の妹) -• 大山純子(鹿児島東警察署 警部補) -• 推理力と度胸はなかなかのもので、たまに十津川警部に助けられることもあるが単独で犯人と対峙している。 河野久志(無職・日本海銀行調布支店 元行員) -• 広川友子(クラブ「マリリン」ホステス・良治の愛人) -• 伊集院(西鹿児島駅 助役) -• 安木(長野県警察 刑事) -• 現場に急行する十津川省三刑事(高嶋政伸)と亀井定男刑事(古谷一行)。

渡瀬恒彦の十津川警部シリーズの登場人物

刑事 十津川 刑事 十津川

北川はるか(ゆきの義妹) - (幼少期:)• 羽田(羽田法律事務所 弁護士) -• 竹本(警視庁駒沢警察署 刑事) -• 渡辺義信(千葉県警銚子中央警察署 刑事) -• 町田隆夫(工事現場勤務・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 階級は。

8
田中ゆかり(たなか ゆかり) 橋本探偵事務所の秘書兼事務員兼金庫番。 夫人と行動を共にするなど、私生活を描かれることも多く、またフランクな言葉遣いをしている。

西村京太郎トラベルミステリー72 十津川警部のラストラン|日曜プライム|テレビ朝日

刑事 十津川 刑事 十津川

麻生久子(真理恵の母) -• 坂本(警部) - 河原さぶ• 視聴者の皆さんの青春を思い起こしながらご覧いただけると幸いです。 身長160cm。 立花亜矢(あいの妹・フリーライター) - 小沢真珠• <出演者> 十津川省三:高嶋政伸 島野篤子:滝沢沙織 西沢豊:野村宏伸 平塚八重子:山村紅葉 八木刑事:金山一彦 牛込刑事:梨本謙次郎 角田啓吾:六平直政 亀井定男:古谷一行 ほか <スタッフ> 原作:西村京太郎 脚本:田子明弘 演出:福本義人• 大沢貢(大物フィクサー) - 清水紘治• 浅見猛(東名相互銀行 頭取) - 第35作「金沢加賀殺意の旅」(2005年)• 第13作では事件解決に納得いかず独断で捜査を続け、犯人に襲われ瀕死の重傷を負うが、奇跡的に一命をとりとめ、自らが真犯人逮捕の証人となった。

外部リンク [ ]• また、が絡む事件に関しては「実際にその列車に乗車してみよう」と提案するなどかなりの行動派。