租税 特別 措置 法。 租税特別措置法の確定申告書等の定義 期限後申告書を含むのか

租税特別措置法

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

34-2• 35-9• 37-10• )は、当該新たな借入金が当初の借入金等を消滅させるためのものであることが明らかであり、かつ、当該新たな借入金を新築等又は増改築等のための資金に充てるものとしたならば措置法第41条第1項第1号又は第4号に規定する要件を満たしているときに限り、当該新たな借入金は同項第1号又は第4号に掲げる借入金に該当するものとする。 35-16• 五 原油、石油製品、ガス状炭化水素又は石炭 それぞれ石油石炭税法第二条第一号から第四号までに規定する原油、石油製品、ガス状炭化水素又は石炭をいう。

3
35の2-12 措置法第35条の3《低未利用土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の特別控除》関係• 貸倒引当金の適用 中小法人等であれば貸倒引当金を計上することが可能となります。 (平成29年6月1日(基準日)現在のデータ)• (2) 現に存する被相続人居住用家屋に係る被相続人居住用家屋の敷地等の一部の譲渡である場合 イ 当該譲渡が当該被相続人居住用家屋の譲渡とともに行われたものであるとき 当該譲渡は措置法第35条第3項第1号に掲げる譲渡に該当する。

特別償却とは(減価償却)(法人税法の解説)【節税サポート、東京の税理士】

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

33-29• 41の5-5• 35の2-5• 31の2-10• 37の9-12• 32-8• ・ 登記原因が「家督相続」「遺産相続」であっても適用される。 37-12• 十五 適格分割型分割 法人税法第二条第十二号の十二に規定する適格分割型分割をいう。

4
) 3.当該家屋の床面積が50㎡以上であること。

平成31年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ:法務局

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

ハ 借入金の年末残高等証明書に記載されている「住宅借入金等の金額」又は「居住用家屋の取得の対価等の額又は増改築等に要した費用の額」が、受益者が居住の用に供している家屋に係る部分とそれ以外の信託財産の構成物に係る部分とから成るものであるときは、上記ロによる受託者の証明は、当該受益者が居住の用に供している家屋に係る部分のみを明記して行うものとする。

13
この法人税法第七十二条は、「仮決算をした場合の中間申告書」についての規定です。 (令和元年財務省令第十三号)• 34の2-2• (平成三十年財務省令第二十六号)• 31-2 措置法第31条の2《優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例》関係• 33-48• (昭61直所3-18、直法6-11、直資3-6追加、昭63直所3-21、直法6-11、平元直所3-15、直資3-9、平3課所4-8、平6課所4-3、平11課所4-11、課法8-8、課評2-10、平12課所4-31、平15課個2-7、課審3-7、平19課個2-13、課資3-3、課法9-7、課審4-28、平21課個2-12、課資3-3、課審4-27、平23課個2-35、課審4-47、平25課個2-18、課審5-34、平26課個2-11、課審5-15、平27課個2-11、課法10-16、課審5-7改正) (注) 当該債権者が交付する借入金の年末残高等証明書には、措置法規則第18条の22第2項第2号の規定により、その家屋の取得対価の額、家屋等の取得対価の額、敷地の取得対価の額又は増改築等に要した費用の額を記載しなければならないこととされている。

税務上の中小企業、「中小法人」と「中小企業者」の違い

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

35-9の3• 33の6-1 措置法第34条《特定土地区画整理事業等のために土地等を譲渡した場合の譲渡所得の特別控除》関係• 37-27• 31の3-3• 以下この項において同じ。

16
31の2-8• 三 製造たばこ たばこ税法第三条に規定する製造たばこをいう。

租税特別措置法の全文・条文

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

36の3-1• 三 十一 更正請求書 国税通則法第二十三条第三項に規定する更正請求書をいう。

39-14• 「中小法人等」または「中小企業者等」に該当するには資本金額の設定が重要になってきます。

平成30年度税制改正の解説 : 財務省

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

二 十一 連結個別利益積立金額 法人税法第二条第十八号の三に規定する連結個別利益積立金額をいう。 33-28の2• 条文の調べ方もわからなかったあの頃の自分に(自分のような人に)• (平11課所4-11、課法8-8、課評2-10追加、平15課個2-7、課審3-7、平19課個2-13、課資3-3、課法9-7、課審4-28、平21課個2-12、課資3-3、課審4-27、平25課個2-18、課審5-34改正)• 35-5• (2) 補助金等は、補助金又は給付金等の名称にかかわらず、住宅の取得等と相当の因果関係のあるものをいうものとする。 33-24• )には同項第1号に規定する用途)に供されていたものであったかどうかを、相続の開始の直前の利用状況により判定することに留意する。

32-9• )を家屋又は敷地の取得がある場合の当該敷地と併せて同一の者から取得等をしている場合で、当該構築物等の取得等の対価の額がきん少と認められるときは、41-24及び41-25にかかわらず、当該構築物等の取得等の対価の額を家屋の取得対価の額、家屋等の取得対価の額又は敷地の取得対価の額に含めて差し支えない。

租税特別措置法の確定申告書等の定義 期限後申告書を含むのか

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

(遅滞なく住宅の用に供する場合を含む。 8 第五項及び前項に定めるもののほか、国外公社債等の利子等に係る所得税法第二百二十四条及び第二百二十五条の規定の特例その他第一項から第四項まで及び第六項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。 第三節の五 国際観光旅客税法の特例(第九十条の十六)• 40の3の2-6• 31の3-1• )後における当該家屋の敷地の用に供されていた従前の宅地の譲渡(換地処分による譲渡を除く。

4
01 施行• 31の2-29• (3) 敷地の取得に係る住宅借入金等の金額の合計額又は認定住宅借入金等の金額の合計額が、当該敷地の取得対価の額を超える場合 敷地の取得対価の額• 33-38の3• 十六 更正請求書 国税通則法第二十三条第三項に規定する更正請求書をいう。

租税特別措置法の確定申告書等の定義 期限後申告書を含むのか

措置 法 特別 租税 措置 法 特別 租税

4 第六章において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

9
(2) その家屋の所有者とその土地等の所有者とが親族関係を有し、かつ、生計を一にしていること。 31の3-26• 畜産物の価格安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• 七 保税地域 関税法(昭和二十九年法律第六十一号)第二十九条に規定する保税地域をいう。