ミニ 四 駆 リセマラ。 ミニ四駆超速グランプリ(アプリ)最強モーターの改造方法とは!?

アプリ『ミニ四駆 超速GP』初心者に伝えたいカスタマイズのコツ3点

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

ガチャを引く 「ミニ四駆 超速GP」のガシャは 3種類のリリース記念ステップアップガチャや超速ガチャシリーズ1、スターガチャなどが用意されている。 ガチャ回数が最も多い引き方なので、とりあえず星4が欲しいという場合におすすめのリセマラ方法です。

18
レブチューンモーター 各パラメーター スピード:1740 パワー:747 コーナー安定:0 スタミナ耐久:0 重さ:17g スキル 長距離:1・ギヤ相性:-1 特徴 ストレートでの 最高速度を重視したストレート系コース特化のモーターです。

【ミニ四駆超速GP】リセマラの解説

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

更に、ハイパーダッシュモーターを 超速グランプリでの使用が禁止されているのでミニ四駆ワールドやイベントMAPでしか使えないようになっています。

15
チュートリアルを見なくても十分遊べるのでスキップして大丈夫です。 粘る気力があるのであれば、3個を狙ってみるのもいいかもしれません。

【ミニ四駆超速グランプリ】リセマラ当たりランキング!狙いパーツとやり方について解説!

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

右下のように様々な重さ、形状のマスダンパーがG. トライダガーX• 性能で比較すると他のタイプ3のシャーシと大きな変わりはありません。 それよりか、背景や文字が金色の場合は期待しても良いでしょう! (金文字の場合星3確定の可能性あり) また、ガチャの演出中にもチャンスアップ演出があり、期待を煽ってきます(笑) カットインがあると期待度も上がるようです。

19
優先度は「 星3のレブチューンモーター」「 星3の好きなボディ」「 アクセサリー最低でも2個」となります。 初期スターコインでガシャを回す• リセマラの前に是非ご一読ください。

【ミニ四駆超速グランプリ】リセマラ当たりランキング!狙いパーツとやり方について解説!

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

緑(弱)、黒(中)、灰(強)と堅さの異なる3種のスポンジを同梱。

10
そして、ハイパーダッシュのような 規制もないので、まずはレブチューンを最優先で改造するようにしましょう! 上記画像のような 平面コース( コーナーが少なく平坦なセクションしかない)では圧倒的なスピードを誇ります。

ミニ四駆 超速グランプリ最強最速ミニ四駆は?【リセマラ・動画・事前登録特典・グッズ・攻略・新作・スマホ・アプリ・ゲーム・速報・レビュー】

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

また、「超速ガシャ シリーズ2」では、「スーパーFMシャーシ」が登場しています。 公認競技会では使用できるローラーの数が計6個までと定められており、前2個、後4個と配置するのが現在の定番のセッティングだ。

17
強力なパーツがPUされている時でなければ、ゲームを早く始めて、良いパーツが出た時にガシャが回せるように、ログインボーナスのスターコインなどを貯めておくのが良いでしょう。

ミニ四駆の最強モーターはどれ?

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

上記のガチャ排出確率を見ると、星4確率が非常に高いので、 最低でも2つは当てたいところ。

7
ダッシュ1号 皇帝(タイプ1シャーシ) 引き直しガチャで星3をたくさん当てる 「ミニ四駆 超速GP」のチュートリアルガチャは「ファーストトライガチャ」10連となっている。 陣営が2つにはっきり分かれているので、 PvPで熱いバトルを繰り広げたい!という方には特におすすめですね! MMOにしては珍しく、 無課金でもコツコツやり続けて協力すれば十分ランカーとも勝負できる、良ゲームバランスの一押しアプリです!!. ハイパーダッシュが新しく登場しました! こちらは現時点でモーターの中では トップクラスで最強のモーターです。

ミニ四駆|TAMIYA SHOP ONLINE

駆 リセマラ 四 ミニ 駆 リセマラ 四 ミニ

引き直し10連• ただ、圧倒的な特性を持っているので、ボディの中では変わらずに最強と言えるでしょう! 現在も「スピードUP+」シャイニングスコーピオンのみの特性なので、代理してのボディもないため、また入手可能になった場合は狙うべきボディです!! コースにはよりますが、 現在の環境において最強のボディの1つとなります。

10
ダッシュ3号流星• また、ガチャで狙う各パーツには、特性なども存在します。 なので、ギミックの多いレースはトルクチューンをカスタムしましょう! また、直線の多いレースは「 レブチューン」を使用しましょう! 直線は減速することが少ないため、加速にかかる時間よりも最高速度が必要となります。