2013 日本 シリーズ。 2013年度コナミ日本シリーズ 試合結果(第7戦)

2013 日本グランプリシリーズ 大会情報

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

内野手:阿部、枡田、岩崎• 打線は2回、2死1・3塁からの二塁打により2点を挙げた。

放送時間:17:30 - (試合終了まで)• 澤村は、第3戦試合開始前に中田に謝罪した。

2013年度コナミ日本シリーズ 試合結果(第5戦)

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

31日に行われた第5戦(東京ドーム)では、クライマックスシリーズで先発したものの4回4失点で降板した辛島が先発マウンドに上がった。

8
第6戦はいきます」. 一方、美馬は6回を1安打無失点に抑え 、7回からは則本がマウンドへに上がり、2回を無失点に抑えた。 なお、翌からにかけての日本シリーズはセ・パいずれかの出場チームの本拠地が屋外球場 であったため、全試合がドーム球場で開催の日本シリーズはのまで途絶える形となった。

2012年の日本シリーズ

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

監督の星野仙一は監督として4度目のシリーズ出場で初の日本一。

この試合の記述の出典は特記無い場合、日本シリーズ公式サイトのとする• NRN加盟各局への送り出しキー局は、西暦奇数年度における慣行により奇数試合(第1・3・5・7戦)を文化放送、偶数試合(第2・4・6戦)をニッポン放送が担当。

2013年度コナミ日本シリーズ 試合結果(第7戦)

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

翌年のシリーズとの格差も酷いな。 : 日 — 中田1号(6回3点・澤村) 巨 — 長野2号(2回1点・武田勝)• 朝の声出しで田中はそう叫んだ。 なおコナミホールディングスは関連会社「」が、主催者であるの協賛スポンサー(NPBオフィシャルパートナー)を締結しているが、日本シリーズにおいては親会社・コナミとそのグループ全体で協賛した• 球団初敗戦:楽天• もう鳥肌もんでしたよ」 と当時の様子を語った。

16
実況:、解説:、リポーター:山内宏明(日本ハムサイド)、胡口和雄(巨人サイド)• では準決勝で敗退し優勝はならなかった。

年度別日本シリーズ結果

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

実況:渕上紘行、解説:岩本勉、リポーター:川畑恒一(日本ハムサイドのみ)• 過去2度の対戦と同様に、本シリーズも4勝2敗で巨人が制して、3年ぶり22度目の日本一を達成した。

2014年1月22日閲覧。 実況:、解説:、リポーター:水野善公(日本ハムサイドのみ)• 年 優勝チーム(監督) 成績 敗者 2020 ソフトバンク(工藤公康) 4勝0敗 巨人 2019 ソフトバンク(工藤公康) 4勝0敗 巨人 2018 ソフトバンク(工藤公康) 4勝1敗1分 広島 2017 ソフトバンク(工藤公康) 4勝2敗 DeNA 2016 日本ハム 栗山英樹 4勝2敗 広島 2015 ソフトバンク 工藤公康 4勝1敗 ヤクルト 2014 ソフトバンク(秋山幸二) 4勝1敗 阪神 2013 楽天(星野仙一) 4勝3敗 巨人 2012 巨人(原辰徳) 4勝2敗 日本ハム 2011 ソフトバンク(秋山幸二) 4勝3敗 中日 2010 ロッテ(西村徳文) 4勝2敗1分 中日 2009 巨人(原辰徳) 4勝2敗 日本ハム 2008 西武(渡辺久信) 4勝3敗 巨人 2007 中日(落合博満) 4勝1敗 日本ハム 2006 日本ハム(T・ヒルマン) 4勝1敗 中日 2005 ロッテ(B・バレンタイン) 4勝0敗 阪神 2004 西武(伊東勤) 4勝3敗 中日 2003 ダイエー(王貞治) 4勝3敗 阪神 2002 巨人(原辰徳) 4勝0敗 西武 2001 ヤクルト(若松勉) 4勝1敗 近鉄 2000 巨人(長嶋茂雄) 4勝2敗 ダイエー 1999 ダイエー(王貞治) 4勝1敗 中日 1998 横浜(権藤博) 4勝2敗 西武 1997 ヤクルト(野村克也) 4勝1敗 西武 1996 オリックス(仰木彬) 4勝0敗1分 巨人 1995 ヤクルト(野村克也) 4勝1敗 オリックス 1994 巨人(長嶋茂雄) 4勝2敗 西武 1993 ヤクルト(野村克也) 4勝3敗 西武 1992 西武(森祇晶) 4勝3敗 ヤクルト 1991 西武(森祇晶) 4勝3敗 広島 1990 西武(森祇晶) 4勝0敗 巨人 1989 巨人(藤田元司) 4勝3敗 近鉄 1988 西武(森祇晶) 4勝1敗 中日 1987 西武(森祇晶) 4勝2敗 巨人 1986 西武(森祇晶) 4勝3敗1分 広島 1985 阪神(吉田義男) 4勝2敗 西武 1984 広島(古葉竹識) 4勝3敗 阪急 1983 西武(広岡達朗) 4勝3敗 巨人 1982 西武(広岡達朗) 4勝2敗 中日 1981 巨人(藤田元司) 4勝2敗 日本ハム 1980 広島(古葉竹識) 4勝3敗 近鉄 1979 広島(古葉竹識) 4勝3敗 近鉄 1978 ヤクルト(広岡達朗) 4勝3敗 阪急 1977 阪急(上田利治) 4勝1敗 巨人 1976 阪急(上田利治) 4勝3敗 巨人 1975 阪急(上田利治) 4勝0敗2分 広島 1974 ロッテ(金田正一) 4勝2敗 中日 1973 巨人(川上哲治) 4勝1敗 南海 1972 巨人(川上哲治) 4勝1敗 阪急 1971 巨人(川上哲治) 4勝1敗 阪急 1970 巨人(川上哲治) 4勝1敗 ロッテ 1969 巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急 1968 巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急 1967 巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急 1966 巨人(川上哲治) 4勝2敗 南海 1965 巨人(川上哲治) 4勝1敗 南海 1964 南海(鶴岡一人) 4勝3敗 阪神 1963 巨人(川上哲治) 4勝3敗 西鉄 1962 東映(水原茂) 4勝2敗1分 阪神 1961 巨人(川上哲治) 4勝2敗 南海 1960 大洋(三原脩) 4勝0敗 大毎 1959 南海(鶴岡一人) 4勝0敗 巨人 1958 西鉄(三原脩) 4勝3敗 巨人 1957 西鉄(三原脩) 4勝0敗1分 巨人 1956 西鉄(三原脩) 4勝2敗 巨人 1955 巨人(水原円裕) 4勝3敗 南海 1954 中日(天知俊一) 4勝3敗 西鉄 1953 巨人(水原茂) 4勝2敗1分 南海 1952 巨人(水原茂) 4勝2敗 南海 1951 巨人(水原茂) 4勝1敗 南海 1950 毎日(湯浅禎夫) 4勝2敗 松竹• なおもサヨナラ負けのピンチであったが、監督の星野は投手を代えず則本は続投。

平成のプロ野球ベストシーン 2013年・楽天が田中将大投手で優勝

日本 シリーズ 2013 日本 シリーズ 2013

の以来3年ぶりに屋外球場での試合が行われることになった。 。

2
あの鬼気迫るマウンドでの勇姿は、絶対に忘れない。 武田は3回表に回ってきた打順で代打を送られるが、日本ハムは6回表、中田の3点本塁打で同点に追いつく。