祥 月 命日 と は。 命日・月命日のお墓参りはいつまでする?供養の内容も解説

『祥月命日』と『月命日』のちがいとは?

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

しかし、年に一度の祥月命日となると、お墓参り以外の供養を考えてみてもいいのではないでしょうか? お墓参り以外には、• 命日・月命日の墓参りの服装は? 祥月命日、月命日のお参りの際にはどのような服装したら良いのでしょうか。

11
ちなみに【祥】という字には、《めでたい・良いきざし》といった意味があります。 命日は「 月忌 がっき」「月命日」などとも呼ばれ、祥月命日は「 年忌 ねんき」などとも呼ばれる。

『祥月命日』と『月命日』のちがいとは?

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

しかし、一般的に月命日にお経まで唱えてもらう方は少ないでしょう。 月命日などには親族や友人と神主さんを招いて行います。

20
一般に「命日」というとこの祥月命日を指します。

祥月命日にすることは【お墓参り】だけではありません

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

もし お坊さんを呼んで読経をしてもらう場合は、礼儀として 喪服または 黒っぽい服装で迎えましょう。 しかし、 命日や月命日は、故人を偲んで位牌や遺影に花や食べ物を供えてはいかがでしょうか。 たとえば故人が1月30日に亡くなったのなら、毎月30日がその方の月命日にあたります。

9
今まではお墓参りをされてきたかと思いますが、次の祥月命日には、• 仏壇が家にない場合、知人友人でその家の仏壇をお参りに行く都合もつけられない、という場合であれば、日中に仕事や家事の手を少し休めて目を閉じ、故人への冥福を祈ればそれだけでも十分に供養になります。 -供養 法事や法要と同様に、月命日でもお坊さんにお経を唱えてもらう 「月参り」をする遺族もいます。

月命日とは?やるべきことやお供え物のマナーについて徹底解説

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

祥月命日の法要などは喪服が必須ですが、月命日は私服でも問題ありません。 仏壇やお墓には、お花とともに、故人の好きだったお菓子・季節の果物などを供えお線香を上げてお参りします。 まず、祥月命日には『塔婆を建てる』という供養の方法を検討してみませんか? 塔婆を建てるのは、お盆や法事の時だけではありません。

1
お墓のある場所が遠いとなかなかお墓参りに行けないこともあるでしょうが、月命日には、位牌や遺影に花やお供えものをして故人を偲ぶ機会にしてはいかがでしょうか。

「命日」と「祥月命日」は同じですか?

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

また、お供え物はお下がりでいただきます。 生花の方がよいというご意見もありますが、故人の好みやご遺族のお気持ち次第です。

故人が亡くなった日と同じ日のことを月命日といいます。 行うタイミングはその年の祥月命日が基本です。

月命日とは?やるべきことやお供え物のマナーについて徹底解説

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

この場合、お布施をいくら包めば良いのが悩むこともあるでしょう。 そして亡くなった月は祥月命日とよぶようになりました。 命日のお参りに同行するときの香典 自分が祥月命日や命日に遺族と一緒にお参りをする場合も 香典を遺族に対して包みます。

年忌法要とは 命日と関係があるものに年忌法要があります。

祥月命日にすることは【お墓参り】だけではありません

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

祥月命日のお供え物 仏式の命日にはお墓参りや仏壇に手を合わせたり、亡くなった方の好きだった花や食べ物を供えることが一般的です。 ただし、浄土真宗では卒塔婆は立てません。

5
後者の場合でも、古くなったときは新しいものと交換したり、お焚き上げをしたりして、供養します。 月命日におこなうこと 月命日は遺族が故人を偲んで思いを寄せる日であり、一般的ににどのようなことをするのかは、明確な決まりはなく遺族の考えで何をするのかを決めていけば良いことになっています。

月命日の意味とは?月命日とは何か、解説いたします|DMMのお坊さん

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

故人を亡くした悲しみが少しやわらぎ、より前向きな気持ちに切り替わる• -お供え物としてふさわしくないもの 肉や 魚といった 殺生を連想させるものは、お供え物として 不適切です。 -月命日にふさわしいお花 月命日に供えするお花は、どんな種類を用意したらよいのでしょう? 供えるお花は 生花を選ぶのが一般的とされています。

6
また、 仏壇の掃除をすることも大切です。

命日・月命日のお墓参りはいつまでする?供養の内容も解説

月 命日 は 祥 と 月 命日 は 祥 と

タブーとなる花はありませんが、香りの強い花、色が派手な花、トゲや毒のある花は避けたほうが無難です。 宗派や地域により金額の差はありますが、月命日の読経に対するお布施は、 3,000円程度が相場とされています。 祥月命日の法要は、一周忌の後は「三回忌」「七回忌」「十三回忌」と「十七回忌」「二十三回忌」と祥月命日は続きます。

7
故人を偲ぶ気持ちが一番重要ですが、マナーなどを知ることにより、いっそう大切に故人を供養できるでしょう。 祥月 しょうつき 本来は,死後一周年目にあたる死亡月をいう.儒教でこの月をといったところから,この名称が出た. もともとはその時を期して 喪 もを脱するので祥(=吉祥)といったもの. 後に,年々の死亡月をもというようになった. また,その月の 命日 めいにちを祥月命日という. (『岩波 仏教辞典 第二版』, P. 祥月命日のように遺族親族が集まり法要をする必要はありません。