杉野 遥 亮 ラジオ - 杉野遥亮「ピュアな恋愛っていいなぁ」漫画で学んだ片思いからの一歩

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮が激変?『妻、小学生になる。』の演技に驚き「キャラ違いすぎて…」

杉野遥亮のラジオ番組に磯村勇斗登場、プライベートを語る

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮「ピュアな恋愛っていいなぁ」漫画で学んだ片思いからの一歩

杉野遥亮「最近はクラシックとか聴いています」サブスクでベートーヴェンを検索

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮「ピュアな恋愛っていいなぁ」漫画で学んだ片思いからの一歩

杉野遥亮のひたむきな姿勢に、大竹しのぶがトキメキ!|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮「最近はクラシックとか聴いています」サブスクでベートーヴェンを検索

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮のギャラや年収がすごい!自宅マンションの場所はどこ?画像

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮「最近はクラシックとか聴いています」サブスクでベートーヴェンを検索

杉野遥亮が激変?『妻、小学生になる。』の演技に驚き「キャラ違いすぎて…」

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮 爽やかシャツ姿で『VOCE』登場、財布をなくしたエピソードまで!?たっぷり語る

杉野遥亮 爽やかシャツ姿で『VOCE』登場、財布をなくしたエピソードまで!?たっぷり語る

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮 爽やかシャツ姿で『VOCE』登場、財布をなくしたエピソードまで!?たっぷり語る

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮先生が初来校!! 代打のとーやま委員×杉野先生で掲示板逆電!!!

亮 杉野 ラジオ 遥 杉野遥亮「最近はクラシックとか聴いています」サブスクでベートーヴェンを検索

杉野遥亮のひたむきな姿勢に、大竹しのぶがトキメキ!|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

杉野遥亮「最近はクラシックとか聴いています」サブスクでベートーヴェンを検索

杉野先生がみんなの前に立つ時は、どうやって自分を落ち着かせていますか?」 杉野先生「どうやって、かぁ…」 とーやま委員「面接って、先生は何人ぐらいいるの?」 明日入試の受験生ひびき「よくわからないんですけど、3人ぐらい?」 とーやま委員「ほかの受験生も知らない人ばかりだもんね?」 明日入試の受験生ひびき「はい」 とーやま委員「そういう緊張もあって。 明日、入試です」 杉野遥亮「え~~!」 とーやま委員「電話してていいの?」 明日入試の受験生ひびき「(笑)」 とーやま委員「でも、ひびきは、杉野先生が好き?」 明日入試の受験生ひびき「好きです」 とーやま委員「どんなところが好き?」 明日入試の受験生ひびき「すごいカワイイし、カッコいいし」 杉野先生「ありがとうございます」 明日入試の受験生ひびき「あ、はい…」 杉野先生「はい。 でもこの1時間で、とーやま=杉野ライン、完全に出来たと思っているから」 杉野先生「(笑)どういうこと?」 とーやま委員「(笑)これこれ、これが出来たってことだから」 杉野先生「あ、そういうことね」 とーやま委員「そういうこと。 だって、みんな最高じゃない? 聴いているみんなも一緒になってね」 とーやま委員「そう! 杉野先生ももちろん最高だからね!」 杉野先生「うおー、ありがとうございます」 とーやま委員「…ん? 急に冷めた?」 杉野先生「いや…そう言われると自分もなんて言っていいか。 杉野先生側からすり寄るパターンあるの?」 リンゴハット「あの、これ、キングオブコントのニューヨークのネタです」 とーやま委員「杉野先生、ニューヨークは好き?」 杉野先生「すいません、あんまり…」 とーやま委員「はい、じゃあ、ニューヨークのこと、忘れろ!」 杉野先生「すみません、存じ上げなくて」 とーやま委員「はい。 チャーミングでもう!」 とーやま委員「これはお母さんも嬉しいだろうな」 リンゴハット「はい」 とーやま委員「聴いてるの?」 リンゴハット「はい、今、一緒に聴いてます」 とーやま委員「じゃあ、お墨付きをもらってもいいですか?」 杉野先生「もうね、俺。 」 とーやま委員「クリア! 第1杉野、クリアしたよ」 リンゴハット「わお!」 とーやま委員「第2杉野、いってみる?」 リンゴハット「はい」 とーやま委員「じゃあ、趣味、聞いてみようかな?」 リンゴハット「趣味は、絵を描くことと、音楽聴くのも大好きです」 杉野先生「おー! 俺、音楽聴くの好きで、結構知ってて。 全然!」 とーやま委員「あの作品が良かったですよ~でもいいし、明日の面接をイメージして、ちゃんと自分の気持ちを伝えるっていうことをやってみるっていうのはどう?」 明日入試の受験生ひびき「はい! めっちゃいいです!」 杉野先生「(笑)」 とーやま委員「この返事が、まず良いから!」 杉野先生「いいね、いいですね! マインド最高! やる気スゴイ!」 とーやま委員「ここからよ、ひびき。 15歳、中3? 高1?」 冷蔵庫ちゃんと閉めて「高1です」 とーやま委員「杉野先生に何を聞きたいの?」 冷蔵庫ちゃんと閉めて「自分には今好きな人がいるんですけど、前にその人から告白をされたんですけど、振ってしまって。 いかがでした?」 杉野先生「楽しかったです! 青春をくれた、途中から」 とーやま委員「途中から?」 杉野先生「最初、どうしようって思ってました。 リンゴハット、何歳?」 リンゴハット「14歳です」 とーやま委員「じゃあ、そんな大好きな杉野遥亮先生に喋りたいことがあるの?」 リンゴハット「めっちゃあります!」 杉野先生「おお! いいな~~」 とーやま委員「杉野遥亮先生、聞きたいですよね?」 杉野先生「聞きたい! 聞きたい!」 リンゴハット「まず1つめが…」 とーやま委員「いっぱいあるね?」 リンゴハット「僕、実は、杉野先生にちょっと似てるんですよ」 とーやま委員「……杉野遥亮先生のこと、イケメンって言ってたもんね。 すいません」 とーやま委員「生徒が待ってますんで、もしもーし!」 冷蔵庫ちゃんと閉めて 千葉県 15歳 男性 とーやま委員「閉まってないの?」 冷蔵庫ちゃんと閉めて「閉まってないです」 とーやま委員「あ、閉まってない」 杉野先生「どういうこと?(笑)ピーピー鳴っちゃうじゃん」 冷蔵庫ちゃんと閉めて「(笑)」 とーやま委員「ちゃんと閉めてね。 照れますね」 とーやま委員「(笑)で、ひびき、明日入試なわけじゃん? 今どんな気持ちなの?」 明日入試の受験生ひびき「推薦入試なんですけど、すごい面接が苦手で、あがり症なので、ちょっと困ってます」 とーやま委員「明日、面接があるんだね?」 明日入試の受験生ひびき「はい。 僕、田舎ですから、ウーバーイーツないですもん」 とーやま委員「青森?」 リンゴハット「ウーバーイーツが東北で初めて導入されたのが青森なんです」 とーやま委員・杉野先生「へぇ~~!」 とーやま委員「杉野先生、出身は?」 杉野先生「僕、千葉なんですよ」 リンゴハット「お~、千葉ですね」 とーやま委員「じゃあ、リンゴハットは、千葉入れてかないとダメだな」 リンゴハット「そうですね」 とーやま委員「でも、ここまでほぼ合ってるから」 杉野先生「ん…俺? 俺なんじゃない?」 とーやま委員「かもしんない。 お互いの道をしっかり進んで、2時間、なんとかゴールしましょう」 杉野先生「いきましょう!」 とーやま委員「この番組はラジオの中の学校なので、聴いている子たちは10代が多いんですけど、杉野先生はどんな10代を過ごしてきたんですか?」 杉野先生「え! あの、高校は進学校に行っていました」 とーやま委員「じゃあ、勉強を一生懸命やってた?」 杉野先生「いや、それが…。 」 リンゴハット「は~い!」 とーやま委員「杉野先生、今日は10時からありがとうございます」 リンゴハット「あ~どうも~」 とーやま委員「今年、どんな1年にしたいですか?」 リンゴハット「やっぱり、ぶちまけていきましょうよ」 とーやま委員「リンゴハットは中2でしょ? どんな1年にしたい?」 杉野先生「そうですね…」 リンゴハット「ま、来年、…」 とーやま委員「(笑)おい、リンゴハットは今、杉野先生だったんだから」 リンゴハット「(笑)あ、すいません」 杉野先生「可愛いですね~。 だから、自分がどうしたいとか、自分が伝えたいってことに集中すれば、意外と乗り切れるな~、なんて今は思っています」 明日入試の受験生ひびき「ありがとうございます」 杉野先生「大丈夫ですか? こんなんでいいのかな?」 とーやま委員「自分がやることに集中する?」 杉野先生「そうですね。 (笑)」 リンゴハット「(笑)はい」 とーやま委員「自分でも思う?」 リンゴハット「ちょっと思ったりもします」 とーやま委員「どこを?」 リンゴハット「ちょっと目つきとかも、クールな感じもそうですし、まぁ、あと勇ましい感じも似てる」 一同笑い とーやま委員「勇ましいところも似てる?」 リンゴハット「はい」 杉野先生「でも嬉しい!」 とーやま委員「で、聞きたいことがある?」 リンゴハット「はい、杉野先生の性格を聞きたいです」 杉野先生「性格?」 とーやま委員「性格をなんで知りたいの?」 リンゴハット「もうちょっと僕が杉野先生に近づけばいいな~みたいな感じで」 とーやま委員「あ、外(外見)はもうほぼ似てるから」 リンゴハット「まぁ、はい。 もうちょっと近づけば、もう完コピできるよなって」 杉野先生「完コピ!」 とーやま委員「杉野遥亮先生になりたいのか」 リンゴハット「なりたいです」 とーやま委員「じゃ、内面を知って、そういう性格になると! じゃあ、杉野先生、リンゴハットの性格を聞いて、杉野先生の実際をすり合わせしてって」 杉野先生「なるほどね。 嘘でしょ? ホント?」 とーやま委員「ってことは、8回もやるようなヤツじゃないって認識ね?」 杉野先生「いやいやいや……」 とーやま委員「これは、ガチ」 杉野先生「あ、ほんとに8回!? 声の感じとか…杉野くんもカメレオン俳優になるんだろうな》 《恋です!の杉野くんもいいけど、つましょーの杉野くんも良さそうな感じで…いい!》 《杉野くん、恋ですとキャラ違いすぎて…》 《杉野遥亮さん今回から出ているけど、恋ですの黒川の時と声が全然ちがーう》 《杉野くん…良い…! 恋です!の時と全然違う雰囲気やけど、どんな顔も美しい…》 といった声が上がっている。 ちょ…(笑)リンゴハットだよね?」 リンゴハット「はーい!」 とーやま委員「リンゴハットさ、杉野先生が、ラジオで電話で話すってことがイマイチ理解できてないみたいで」 リンゴハット「あ~、実は僕もラジオで電話出るの初めてなんです」 とーやま委員「あ、じゃあ、初めて同士だ」 杉野先生「初めて! じゃあ、お願いします」 リンゴハット「すごく嬉しいです」 杉野先生「こちらこそ」 とーやま委員「リンゴハット、杉野先生のこと、好きなの?」 リンゴハット「はい!」 杉野先生「わあ!」 とーやま委員「なんで?」 リンゴハット「1回、お母さんが杉野先生が出ているドラマや映画を見せてくれたんです。 あと、長渕剛先生と2人でっていうのも」 杉野先生「え~~! すごいなあ!」 とーやま委員「ちょっと見る目変わりました?」 杉野先生「じゃ、俺ももうちょっとできるかもって思いました」 とーやま委員「コレなら? コイツで8回出来るなら?」 杉野先生「もうちょっとできるかな~」 とーやま委員「一言言っておきます。.

  • .

杉野遥亮くんのラジオについてです!3つほど質問があるのですが、①...

.

  • .




2022 keine-zukunft-fuer-nazis.info