西武 線 路線 図。 西武池袋線の路線図|急行等の停車駅と乗り入れ・乗り換え路線が分かる|路線図ネット

西武国分寺線(国分寺−東村山)の路線図・停車駅

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

飯能まで乗り入れるものは少なく、日中は石神井公園と保谷まで、それ以外の時間帯も多くは小手指までの運転である。 東久留米駅を出ると、の橋を渡り、林や畑や住宅などの間を通り、に入りを渡る。

3
東京メトロ有楽町線への乗り入れ 所沢方面より練馬駅にて分岐し西武有楽町線を経由して小竹向原駅から東京メトロ有楽町線へ乗り入れます。

西武国分寺線(国分寺−東村山)の路線図・停車駅

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

(昭和27年)3月25日 線路名称を 池袋線に改称。

列車番号は1000番台が与えられる。

西武国分寺線(国分寺−東村山)の路線図・停車駅

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

上り屋敷駅、黒須駅廃止。 この辺りは住宅街である。

4
より「」が運行されており、平日のみ豊洲方面と(下りは小手指駅まで)を結んでいる。 かつては仏子駅発着も設定されていたが、現在は入間市駅発着に短縮されている。

西武国分寺線(国分寺−東村山)の路線図・停車駅

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

区間:全線(1,500 )• ただし、2017年3月25日に運転を開始した「」は、設定対象外とされている。 表示色は、2008年4月頃までの旧字幕時代は「普通」表示で紺色地に白文字 新101・301・3000の各系列では90年代中頃まで白地に黒文字 となっており、新字幕では「各停」表示で灰色地に白文字、フルカラーLED表示器も字幕と同様の色が用いられているが、3色LED表示機では無点灯の地に橙色の文字で表記される。

5
保守用のが見えるとカーブし、を渡り、変則的な2面4線構造の に到着する。 旧字幕では「快速」部分が水色地に白文字、「急行」部分が赤色地に白文字となっていたが、新字幕及びフルカラーLED表示器では紫色地に白文字、3色LEDでは無点灯の地に赤文字の表記となっている。

西武池袋線の路線図|急行等の停車駅と乗り入れ・乗り換え路線が分かる|路線図ネット

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

西武秩父線開業、直通運転開始。 東京地下鉄• 平日朝の始発から午前9時30分までの間にへ到着する・方面直通の全列車における進行方向最後尾車両(実施区間は運行列車の全区間)。

(44年)10月18日 武蔵野軽便鉄道に対し鉄道免許状下付(巣鴨-飯能間)。

西武池袋線の路線図

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

なお、下り方面の速達列車は、通過運転を終えると駅の接近放送や発車案内標では「各停」として案内される(例:急行は通過運転の終わる所沢から先の駅では各駅に停まるため、各停として案内される)。

4
体の不自由な客(男女とも)の介助者として同行する男性客• 乗り入れ車両 [ ] 東京地下鉄・東急電鉄・横浜高速鉄道からの乗り入れ車両には10両編成と8両編成があり、10両の優等列車を中心に飯能まで乗り入れる。 途中西武有楽町線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線への分岐となる練馬駅は通過します。

西武新宿線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

乗換路線• (平成13年)• 軽井沢営業所 軽井沢を中心とした路線図です。

6000系は2008年6月14日のダイヤ改正以降は当線池袋発着の運用が大幅に減少したが、 2010年3月ダイヤ改正で地下鉄直通運用の見直しが行われた結果、常時1 - 2本程度が西武線池袋発着の運用へ入るようになった [ ]。

西武国分寺線(国分寺−東村山)の路線図・停車駅

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

線路の両側はずっと住宅地である。

平日朝の午前7時20分から午前9時30分までの間に池袋駅へ到着する「池袋行」の10両編成の列車(快速急行・急行・通勤急行・快速・通勤準急・準急)における進行方向最後尾車両(実施区間は運行列車の全区間)。 そのため、西武池袋線内ではFライナー=快速急行となります。

西武新宿線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

線 路線 図 西武 線 路線 図 西武

1980年3月17日のダイヤ改正で新設。

15
副都心線方面は平日上りと土休日下りのそれぞれ1本以外は「副都心線内急行・東横線内特急」で運転され、のダイヤ改正以降このパターンの列車は「 」の愛称が付いている。 この辺りは住宅街である。