しょう どく 大使。 トヨタの足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」 感染対策として工場従業員が自発的に開発

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

その結果、現在、トヨタ社内の大半に消毒スタンドが行き渡っているとのことだった。 今後も世の中に広く「安心・安全」をお届けするため、良品廉価なモノづくりで社会に貢献してまいります。

7
足踏み式消毒スタンドのしょうどく大使。

トヨタが「しょうどく大使」を発売 クルマづくりのノウハウで初号機を大幅に軽量化

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

*1 今回販売する足踏み式消毒スタンドは、コロナ禍で生産ラインの稼働停止を余儀なくされたトヨタの各工場のメンバーが、「自分たちには何ができるのか」「仲間から感染者を出さない」という想いから、4月上旬から自発的に製作を開始し、活動を広げてきたものです。

8
これらの取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との社長の豊田の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組み*2の一つです。 価格(税別)は8000円。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」発売 工場の部材用いて安価実現(日刊自動車新聞)

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

パーツの取り外しおよび洗浄、車いすでの使用も可能 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、トヨタは「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってきた。 A division of Asia Corporate News Network. そんな活動のなか新たに生まれたのが「しょうどく大使」という足踏み式消毒スタンドだ。

2
初号機の重さは約6キロだったが、クルマづくりで培ってきたノウハウを生かし、軽量化に成功したという。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

しょうどく大使は月2000~2500個生産する予定。 なお、これらはトヨタのものづくりにて掲げられている「ムリ、ムダ、ムラを防ぐ」という考え方に沿ったものだという。

3
車の製造で培った効率的なものづくりの技と知恵を生かし、価格を相場の半値程度の8800円に抑えた。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

月2000~2500台規模を量産する。 SDGsへの取り組み. トヨタは、ものづくりのノウハウやトヨタ生産方式(TPS)を生かし、コロナ禍でマスクやフェイスシールドの生産、医療用防護ガウンの開発効率化などの社会貢献活動を進めており、消毒スタンドの外販もこの一環だ。 こうした取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との豊田社長の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組みのひとつだという。

10
トヨタ自動車が発売する足踏み式消毒液スタンド=愛知県豊田市の高岡工場 トヨタ自動車は、足でペダルを踏んで手に消毒液を噴射できるスタンド「しょうどく大使」を12月1日に発売する。 2050年までに工場排出CO2ゼロを実現するため、既存の動力や仕組みにとらわれない設備などを考えていくことができる人材(カイゼン人材)を育成するために設立された、からくり発想館の館長を務める方である。

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

そこで、しょうどく大使では消毒液ボトルを置くテーブルおよび、プッシュ用のトリガー部分の高さが無段階で調整できるようになっている。 そのため低価格化は必須条件となるので、しょうどく大使を構成するパーツの調達や製造コストは抑えなければならない。 今後もトヨタは世の中に広く「安心・安全」を届けるため、良品廉価なモノづくりで社会に貢献していく。

さらに組み立ても一人工にて短時間で作れる構造として、「人」に関してのコストも抑えているなどなど、文字どおり「良品廉価」の製品としているのだ。 纐纈敏也@DAYS• 2kg(マット含む)に軽量化させるなど、ユーザーの声を反映するとともに、これまでクルマづくりで培ってきたモノづくりの技術・ノウハウを活かし、約30バージョンの試作機を製作するなど、市販化に向け徹底して改善を重ねてきた。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」発売へ…モノづくりの力で社会貢献

どく 大使 しょう どく 大使 しょう

足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」《写真提供 トヨタ自動車》 トヨタ自動車は、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」を上郷部品センターにて月2000〜2500個レベルで生産を開始し、12月1日より国内のトヨタ車両販売店・トヨタレンタリース店を通じて販売する。 2kg。 市販モデルは、誰にでも使いやすく、良いものを購入しやすく提供することに拘り、良品廉価な製品となった。

7
その後、この足踏み式消毒スタンドを通して、社会に貢献したいとの想いから、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始し、試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見を基にベースとなるモデルを決定。 その後、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始。