人 は なぜ 戦争 を する のか - 「人はなぜ戦争をするのか」アインシュタインとフロイトが話し合った「壮大な問題」

は 戦争 人 のか する なぜ を 「ヒトはなぜ戦争をするのか?」アインシュタインとフロイトの往復書簡

「人はなぜ戦争をするのか」アインシュタインとフロイトが話し合った「壮大な問題」(講談社学術文庫)

は 戦争 人 のか する なぜ を 歴戦の名パイロットは、なぜ沈黙を破って戦場を語り始めたのか(神立 尚紀)

人間は、何故戦争をするのでしょうか?

は 戦争 人 のか する なぜ を 戦争ではなぜ殺人が許されるのか。

keine-zukunft-fuer-nazis.info: ひとはなぜ戦争をするのか (講談社学術æ

は 戦争 人 のか する なぜ を keine-zukunft-fuer-nazis.info: ひとはなぜ戦争をするのか

歴戦の名パイロットは、なぜ沈黙を破って戦場を語り始めたのか(神立 尚紀)

は 戦争 人 のか する なぜ を 「ヒトはなぜ戦争をするのか?」アインシュタインとフロイトの往復書簡

は 戦争 人 のか する なぜ を 「人はなぜ戦争をするのか」アインシュタインとフロイトが話し合った「壮大な問題」

は 戦争 人 のか する なぜ を 世界がプーチンを糾弾するのに…中国人はなぜロシアの肩を持つのか(ハンギョレ新聞)

人が戦争をする理由とは~進化心理学から考える~

は 戦争 人 のか する なぜ を 「人はなぜ戦争をするのか」アインシュタインとフロイトが話し合った「壮大な問題」(講談社学術文庫)

は 戦争 人 のか する なぜ を 世界がプーチンを糾弾するのに…中国人はなぜロシアの肩を持つのか(ハンギョレ新聞)

は 戦争 人 のか する なぜ を keine-zukunft-fuer-nazis.info: ひとはなぜ戦争をするのか

世界がプーチンを糾弾するのに…中国人はなぜロシアの肩を持つのか(ハンギョレ新聞)

ウクライナ戦争後を「深読み」する 「中立」が果たす役割は減少するのか

また、『六道』と先に述べましたが、その続きとして『声聞』、『縁楽』、『菩薩』、 『仏』といった「四聖」を含めた十界を学ぶ事で、人間という生き物がどういった ものかも理解できますし、自身を含め対する人の心 生命状態 も分かるようになります。 しかしアメリカ軍は 誇張はあるが 、パブロフの犬の様な 条件付けによる忌避感を乗り越える 訓練により、朝鮮戦争では発砲率を55%、ヴェトナム戦争では95%までに上昇する事に成功したと。 一方でアメリカには、 凶悪な犯罪に結びつく 人格異常者が4%いるという報告 M・スタウト もある。 戦争はなぜ起こるのか 経済が上手くいかなくなり、人々の生活が苦しくなると、時の権力は 人々の不満が反権力に向かわないように、 架空の敵を作って敵愾心を煽り、一時の 求心力を得ようとする。 1933年2月1日 大蔵大臣 「陸軍が引きずるような形で新聞もふたこと目には、すぐ脱退だのなんのと騒ぎ立てる・・いったいなぜあんな事をするのか」 「あれは新聞が出している・・陸軍が宣伝しているわけじゃない・・むこうで勝手に書くのだからやむ負えない」 大蔵大臣 「新聞社が勝手に書くのならなぜそれを取り締まらないのか・・今日の陸軍の力をもってすればそれくらいの事は何でもないではないか」 は怒りを露わにするもののメディアの暴走を止めるすべは無かった… 1933年2月24日 総会:リットン報告書に基づく対日勧告が採択されます… 日本全権 「日本は断じてこの勧告の受諾を拒否する・・」 連盟脱退だけは避けるよう訓令を受けていたは、敗戦将軍の心持で議場を後にしを脱退します。 しかしこうした事態にも社内の空気は冷ややかでした・・ 田中武夫(肉声テープ) 「『防空演習を笑う』というああいうものを書くことによって天下は多少騒いだけれども社内ではね『あの人に行かれては困る』とか『あんな立派な説を成す人を』という者は、そういなかったんですよ」 に無力な経営者と社内の冷めた空気・・状況は東京の大手新聞社も同じでした… 1934年春 東京・星ヶ岡茶寮:この夜、永田町の料亭に集まったのは在京大手6社の新聞記者11人だった。 「戦争のことは思い出したくないから、これまでほとんど人に話してこなかった」 と言う原田さんが、私のインタビューに応えてくれたのは、戦後50年の節目を意識したことと、もう一つは、イラクによるクウェート侵攻を機に、国連が多国籍軍の派遣を決定、1991年1月17日、イラク攻撃を開始した湾岸戦争のニュース映像を見た若い人が、 「ミサイルが飛び交うのが花火のようできれい」 「まるでゲームのようだ」 などと感想を漏らすのを聞き、 「冗談じゃない、あのミサイルの先には人がいる。 1937年7月11日 食堂: 首相 「今事件は、まったく中国側の計画的武力抗日なるものに、もはや疑の余地なし・・挙国一致、政府の方針に協力されたい」 この夜、新聞・通信・放送の代表者に政府への全面協力を要請する・・会合が行われたのは夜9時、同盟通信の社長が代表して協力を約束した。 ついでに書いておきますが、大東亜戦争開始時 あるいは中途 までは、多くの帝国臣民にとって 「戦争とは外地で兵隊さんがやるもの」 だったそうです。 同盟通信 松本重治(肉声テープ) 「実際スターマー(ドイツ特使)が来たのは9月7日でその2日前に私は近衛さんとゴルフをしたんです・・その時に近衛さんが『スターマーが来やがるし』と言って近衛さんは日独伊協定・・・反対でも無かったけど賛成でも無かった」 しかし同盟締結の翌日、近衛はからを支持するラジオで語りかけました… 首相 「今回政府は世界歴史の一大転換期に際し、ドイツ及びイタリーと三国条約を締結…」 このによってイギリス・カとの関係悪化は決定的となります・・作られた国民の熱狂とともに日本は太平洋戦争への道に大きく踏み出すことになりました。 正当化するしかなかったから 平和になる知恵や努力を深め、その意志や在り方を広めてゆかないと世界に平和は来ないのだけど 人類は平和が広まる知恵や努力は1くらいで武力至上・権力至上が広まる在り方を10くらいで来ました 平和の知恵や努力や認識が少ない その在り方が積もっていじめ・紛争・荒廃が起きます 人命軽視や格差や犯罪や癒着や公害や拉致もその一端です 正統性を主張するのに知恵を使ってきた 人類の総体の精神未発達部分です 生活習慣を正さず薬と手術をしてきた 武力・権力の価値が優先した世界では北や中国のような体制も生まれやすい 力先行では妙な形や問題が出てくる 人類の争いの歴史は争いや火種や問題を生む力至上のステージ・世界観・精神の土壌をグルグル回ってきたわけです そこに善良な想いが少しずつ起動修正をかけてきた 日本は善良な人達がいつも静かに平和な営みを社会にもたらし続けてくれています 度量とも言えます 犯罪だらけにならない 日本の技術や文化や安全な社会を支え続けています 日本の強みですね いつもその恩恵がある 敗戦後、焼け野原と原爆を見た陛下と国民は二度と世界しない、国内を武力至上にしないと平和を悲願しました 世界には見本が少ない 平和の良さを広める働きが無い 日本は国が豊かで平和になる在り方を広めずにいて自国だけ平和でもダメと気づき始めた アメリカもテロや犯罪続きで、ブッシュ政権でプルトノミー大格差社会になり力至上では先がないと気づいた人は気づいた アメリカ染まりの韓国も散々な社会 平和が揺るぎなくなれば人口は増えなくなります 精神が追われなくなると種を増やそうとする働きがなくなる 日常で人を想いやったり人間関係や感謝が薄れたり平和意志が薄くなると武力・権力至上・対立の発想になり自然に平和を営めなくなる 善念と身近な人と和を大切にしたいですね 飴利香という国へ貢献すれば、何でもありだということです。 秘書官 広橋真光 「このごろは総理に対して何をグズグズしているのかという投書が多くなりました」 首相 「東条は腰ぬけだと言っているのだろう」 へ届いた投書は3000通・・そのほとんどは日米開戦を求めていた・・戦争へと向かう熱狂、それが多数存在していたと思われる戦争を望まない人たちの声をかき消して行きました。 これはナショナリズム 国家主義 とかパトリオティズム 愛国心 とかいう言葉のお遊びの問題でもない。 1933年9月 信州郷軍同志会本部: 毎日新聞常務 「めいめいが信ずる事を論じ合いおのずから落ち着くところに落ち着いてこそ真の世論は生まれべきものだ」 しかし信州郷軍同志会は譲歩の色を見せなかった・・ 「何回会見してもまったく要領を得ない・・先方の方針はすでに決定しているので議論はすでに無用なのであった・・毎日も部数は2万に過ぎずによって脅かされるのに抗しえず・・屈辱的なを告げるにいたった」(の手記より) 数日後、に小さな謹告が出されます・・それは新聞社が全面謝罪を行い、・が退職をする旨を告げるものでした。 外交官 安東義良(肉声テープ) 「あの時の世論と新聞その他は、陸軍にすっかり引っ張り回されてますからね・・ああいうような世論をですね真正面から反対論を唱えたところで決してそれは出来っこないんです・・がやり切れるわけがないんだ」 陸軍中将 (肉声テープ) 「海軍がどうして非常に強く反対したのを撤回したのかというと・・これは世論に押されたんじゃないかと思います・・大部分の者がドイツの勝利という事を考えるようになったんです・・そこで一般に条約熱というものが非常に上がってきた」 新しくとなったもとは成立(1940年9月27日)調印に臨んだ来栖三郎ドイツ大使は、メディアへの不信を記者団に漏らしていました。 高田元三郎(肉声テープ) 「見張りを若い奴らがやらされるんです・・煙突に登って号外売りの動静を見てるわけなんです・・そして『朝日の方が号外でたぞー』というと『やられたー』てなことでね」 七海又三郎(肉声テープ) 「一番販売上に影響があるのは号外の発行ですね・・号外競争をやったんだ・・血みどろの・・だから競ってね戦地に人を出すわけですね・・したがって戦争のある度ごとに新聞の販売部数に影響した」 日本軍の快進撃はに苦しんでいた国民を熱狂させました・・販売部数が落ち込んでいた新聞業界も一気に湧きかえります。 ところがそこには 2,000 年以上にわたり代々 天皇家と一緒で彼らもまた万世一系です 住んできたパレスチナ人がいたのです。 こうして、戦争のプロ 殺しのプロ とサイコパスを数学で記述すれば、戦争とは言えど たとえ愛国心と言えど 冷静に人を殺せる人種が 精神ではなく 異常人格に近い事を理解できる。 組織体制や番組編成までモデルにしています・・ 元教授 竹山昭子 「ドイツの宣伝のあり方というものをはお手本としています・・会場に詰め掛けている人々の歓声とか拍手っていうものがね聞き手の耳から心に響くわけです・・ですから非常に強いトをもたらした・・戦意高揚という意味では非常に大きな役割を担ったメディアといっていいと思います」 ラジオ放送 「12月13日、敵の首都、南京を攻略せり・・」 首都南京の陥落が伝わると国民は熱狂しました・・デパートでは南京陥落セールが行われ、東京では戦勝祝賀のちょうちん行列に40万人が参加しました。 冷淡な脳では 腹打て 2022-03-29 23:04:21 受刑者の脳の異常とそのデータの蓄積から、サイコパスを語る。 戦争が結局のところ殺人行為だというのなら、 革命も、 テロも、 貧困も、 堕胎も、 車の運転も、 すべて殺人行為です。 これは神社にはお祭りなどの際に寄付されたお金もあり、 これが年々たまってくると「よそ者」は余ってるなら氏子や信徒で分けよう、 という意見が出たり、 もっと勘ぐれば会計など任せたらこのお金をもって逃げるかもしれない、 という警戒心から役員にはしないのです。.

  • サイコパシーという 冷淡な脳の 病理だけを排除できれば何ら問題はないが、それが出来ないなら 毒性の強い 真性サイコパス群を強制隔離するしかない。 自分たちはその救済をするんだ、と言うのが現在の Bush 政権の言い分ですが、その目指す結果は、自分たちの都合のいい世界 彼らの中ではそれが 「善」 です、イスラエルの大儀と同じレベルです なのです。 事変をキッカケに新聞記者を目指し、に報道の戦争責任を感じて辞表を出しました・・ 日新聞記者 さん(96歳) 「どこの新聞も戦争になると発行部数が増えますよ・・息子が夫が戦場に行くから戦争はどうなっているのか新しい読者が増える・・だから戦争になれば新聞にとっては経営面ではマイナスじゃないんです」 Q:新聞が民衆を煽ったという側面はあるんでしょうか? 日新聞記者 さん(96歳) 「それはあるでしょうね・・勝った勝ったというて実際そういう紙面を作ったんだから・・そうしてそれに乗って民衆は勝った勝ったと思ったんじゃないですか・・そして何か将来もっといい事になるだろうと思った」 旧 郊外 柳条湖、ここから事変が始まりました… 1931年9月18日 通信局:の爆破をキッカケに日中両軍が衝突、現地の特派員たちは一気にざわめき立った・・の町は大砲と機関銃の音と軍隊の活動で湧きかえった。 喧嘩せずにうまくいく夫婦もあるとは思いますが、、、 「毎日、~~~~ばかりしてたら」 それが疲れる本 もと になることは多いのでしょう。 海軍少将 福留繁(肉声テープ) 「もうドイツと組んで戦をやれって空気が覆い尽くしていましたね・・陸軍などはもうドイツの勝利は間違いないと・・一般の空気はもうで日本は湧いていましたよ」 海軍中佐 豊田隈雄 「この頃の世論っていうのは相当やっぱり突き上げていたんじゃないですか」 日本の舵取りを任された指導者たちは、自分たちの行動に自信がないために世論を利用しようと思った・・世論の動向に一喜一憂したわけですが、その世論はメディアによって熱狂と化していました。 記者1 「毎日のも防空演習を論じて結局やめる羽目になりましたね」 記者2 「経営的圧迫と言いますか自分の新聞が売れなくなるような事は、書かない方がいいと思います」 記者3 「資本主や自分の同僚に迷惑を及ぼしちゃあいすまんという気持ちが記者にあるんじゃないですか」 記者4 「最近は政府の禁止事項が非常に多いんですよ・・非常に細かい物まで何十と来てます・・いっそ禁止してくれた方が良い・・そうなれば苦心して書く必要が無くなります」 軍への批判を続けると今、自分が所属している新聞社の存続が危うくなるということで彼らは軍への批判をひかえて論じるようになる・・こういった自己規制は全国各地のいろんなところで行われるようになります。 今アメリカが、丁度この大日本帝国状態で、みな 「戦争とは自分の日常生活に影響しない処 徴兵にならない限り で軍隊がやるもの」 と言う見方が主流です。 作戦課長 「緒方さんに『率直に陸軍の考えを言うてくれ』と言われて述べた事があるんです・・それまでなんて公然と反対でしたから」・・「そして答えました」 「実際今回は我々は無力で中央の統制をに押し付ける事が出来なかった・・しかし現地に行って在留邦人が圧迫されて非常に悲惨な状況を見てくると石原や板垣がああいう事をやったのも人間としてやむおえない・・なんとか遅ればせながらでも世論が事変を支持していただきたい」 「4時間ほど本気になって訴えました・・その時に緒方さんが『あーそうですか 初めてよくわかりました』と言いましてね・・それからコロッと変わりました朝日の論調が」 新聞各社が事変で軍を支持したのは、販売部数を伸ばすためか・・それとも権益というを考えたものかいずれにせよ新聞社は情報源である軍に急接近してゆきます。 現・京都大学総長の山極寿一は、『ゴリラは語る』(講談社)と題する子供向けの著書の中で、 戦争の原因として「 所有」、「 言葉」、「 アイデンティティ」、「 過剰な愛」の4つを挙げている。 日新聞記者 さん(96歳) 「戦争は始めさせてはダメだということ・・始めてしまってから『あーこりゃひどい』・・『こんな事になるのなら』と言って止めさせようったって止まらないんですよ戦争は・・やらせないためには何が必要なのか」 「一番簡単な事は現実に世界で何が起こっているのか・・カが中国があるいはロシアがその他の国々が何を思って何をやっているかっていう現実ですね・・これを正直にお互いに知らせ合う事ですよ」 あなたは、日本が再び戦争をする日が来ると思いますか? 来る:17.

なぜ戦争(殺人)をしようとするのか?

.

  • .




2022 keine-zukunft-fuer-nazis.info