アナトール フランス - 卒業論文題目一覧

フランス アナトール アナトール・フランス (小惑星)

アナトール・フランスとキリスト教

フランス アナトール 桂一雄 随筆『アナトール・フランス小論

アナトール・フランス 岸田國士訳 母の話

フランス アナトール アナトール・フランス Anatole

ユダヤの総督 (アナトール・フランス著)和訳:(1)起

フランス アナトール アナトール・フランス『もし私が神だったら、私は青春を人生の終わりにおいただろう。 』

アナトール・フランスとキリスト教

フランス アナトール アナトール・フランス『人生の真実は、美味で、恐ろしく、魅力的で、奇怪、甘くて、苦い。そしてそれがすべてである。』

フランス アナトール アナトール・フランス (小惑星)

フランス アナトール アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

フランス アナトール アナトール・フランスとキリスト教

フランス アナトール アナトール・フランス 岸田國士訳

フランス アナトール アナトール・フランス

芥川龍之介「野呂松人形」とアナトール・フランスの言葉|Kent Nishi|note

『ペンギンの島 (白水Uブックス)』(アナトール・フランス)の感想(7レビュー)

バルキスに怪我でもあつてはと、王は生残つた奴の恐れに乗じて、女王を抱いたまま、人通りの無い 側路 ( わきみち )へ逃げこんだ。 それで、いいお 点 ( てん )をいただきました。 息 ( いき )を 切 ( き )らします。 「 進 ( すす )めッ」と、 世間 ( せけん )の 強 ( つよ )い人たちはいいます。 今日 ( きょう )も、ローズ・ブノワさんは 読方 ( よみかた )で 習 ( なら )ったところをちっとも 間違 ( まちが )えずに 諳誦 ( あんしょう )しました。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )はこの 答 ( こたえ )ではお 気 ( き )に 入 ( い )りません。 」と、エムリーヌのお 母 ( かあ )さんはお 答 ( こた )えになりました。 もうずいぶん 前 ( まえ )から、そこのところがわからないで 頭 ( あたま )を 悩 ( なや )ましていたのでした。 だからこそ 鳥 ( とり )や 獣 ( けもの )のいうことがわかるのです。 薬物の学に精通してゐるセムボビチスは、王がまだ 呼吸 ( いき )のある事がわかつた。 (訳者) 「わたしには、どうも 想像力 ( そうぞうりょく )っていうものがなくってね。 いちばん 尊 ( とうと )い 御褒美 ( ごほうび )っていうのは、 名誉 ( めいよ )にだけなって、 別 ( べつ )に 得 ( とく )にはならないような 御褒美 ( ごほうび )です。 靴 ( くつ )も、 靴下 ( くつした )も、 腓 ( ふくらはぎ )も 真黒 ( まっくろ )です。 「それだからかえって、いただいて 自慢 ( じまん )になるのです。 それもただ 沢山 ( たくさん )の本を読んだというだけでなく、昔の 偉 ( えら )い学者や 作家 ( さっか )の書いた本を 実 ( じつ )に楽しんで 読 ( よ )んだのです。 しかし、ジャックにしてもベルナールにしても、マルセルにしても、またロジェにしても、 哲学者 ( てつがくしゃ )ではありません。 そうじゃないなんて 思 ( おも )ったり、いったりする 者 ( もの )があったら、それこそ神様を 敬 ( うやま )わないで、人の 悪口 ( わるくち )をいう人だといってやります。 この蛙は 緑色 ( みどりいろ )です。 七 里 ( り )ひと 跳 ( と )びの 靴 ( くつ )というのは 船 ( ふね )のことです。 一 列 ( れつ )になって 規則正 ( きそくただ )しく進んで行きます。 エチエンヌが 小 ( ちい )さすぎるのです。 どんなことでも、静かに話せばわかり、また、静かに 話 ( はな )し 合 ( あ )わなければ 面白 ( おもしろ )くないという 主義 ( しゅぎ )なのです。 もう少し行くと、 膝 ( ひざ )のところまで 泥 ( どろ )の中にはまり 込 ( こ )みます。 それでも 遅 ( おく )れてしまいます。 非常に 物 ( もの )しりですが、わざわざむずかしいことをいわない。 だって、そんな 恰好 ( かっこう )をして、お 友 ( とも )だちのジャンのところへ 行 ( い )けるはずがないでしょう? 四人がお家へ 帰 ( かえ )ったら、みんなのお 母 ( かあ )さんは、その 脚 ( あし )をごらんになって、四人が 悪 ( わる )いことをしたということがちゃんとおわかりになるでしょう。 それで 今日 ( きょう )も、お 友 ( とも )だちのところへ行こうと思って、そのお友だちはジャンというのですが、ロジェとマルセルとベルナールとジャックとエチエンヌとは 国道 ( こくどう )へさしかかりました。 可哀さうに王は地に 転 ( まろ )んで、最後の一瞥をバルキスの上に投げると、其儘視力を失つて仕舞つたのである。 実際 ( じっさい )、それはローズ・ブノワさんの 思 ( おも )っている通りです。 旅人の隊が市に近づいた時に、バルタザアルはシバの女王の護衛兵の黒い馬と夜目にも輝く 偃月刀 ( えんげつたう )とを認めたのである。 「ローズ・ブノワさん、十二から四つ 引 ( ひ )いたら、 幾 ( いく )つ 残 ( のこ )りますか。 六の六 倍 ( ばい )は三十六だといわれても、それは三十六の 椅子 ( いす )なのか、三十六の 胡桃 ( くるみ )なのかわからないのです。 蛙さんには 大切 ( たいせつ )なお国です。 あの乞食に陛下のお召しをおつかはしになつて、其代に駱駝毛の頭巾とあの男のしめてゐる 荅布 ( たふ )の帯とをお貰ひ遊ばせ。 しばらくすると、草が 深 ( ふか )く 茂 ( しげ )っている 柔 ( やわら )かい 地面 ( じめん )に、足がめり 込 ( こ )んでいくのがわかります。 その草原は 蛙 ( かえる )さんのお国です。 これから、その母の 話 ( はなし )というのを一つ二つ 紹介 ( しょうかい )するが、僕は 出来 ( でき )るだけ彼女の話しっ 振 ( ぷ )りをそのまま 伝 ( つた )えることにしよう。 四人は 自分 ( じぶん )の 脚 ( あし )に 応 ( おう )じた歩き方をします。 けれどもバルタザアルが 埃及葱 ( エジプトねぎ )を撞くのに使ふ大きな杵を取つて、いきなり向つて来る奴を二人叩き仆したので、外の奴はしり込みをして手を出さない。 バルキス女王の片 脛 ( はぎ )は毛だらけで、片足は二つに裂けた黒い爪ぢやと皆が申して居ります』と宦官はかう答へるのである。 まるで青い木の葉のような 恰好 ( かっこう )をしています。 まだその上に、 腕 ( うで )を 振 ( ふ )ります。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )の 生徒 ( せいと )のうちでも、 地上 ( ちじょう )の 楽園 ( らくえん )とノアの 方舟 ( はこぶね )の 事 ( こと )をローズ・ブノワさんのように 上手 ( じょうず )にお話しできる 生徒 ( せいと )は一人もいません。 「 想像力 ( そうぞうりょく )がない」と 彼女 ( かのじょ )がいったのは、それは 想像力 ( そうぞうりょく )といえば、 小説 ( しょうせつ )を作るというようなことだけをいうものと 思 ( おも )っていたからで、その 実 ( じつ )、母は 自分 ( じぶん )では 知 ( し )らずにいるのだけれど、およそ 文章 ( ぶんしょう )では書きあらわせないような、まことに 愛 ( あい )すべき、一 種 ( しゅ ) 特別 ( とくべつ )な想像力をもっていたのだ。 相手 ( あいて )の 気持 ( きもち )をのみ 込 ( こ )むのには、お 互 ( たがい )に 仲 ( なか )よくし合うことが 何 ( なに )よりです。 これで一 時代 ( じだい )が終わったといわれるほど大きな 事件 ( じけん )でありました。 四人がそんなゲートルをはかされているのを見ると、 喜 ( よろこ )んでいいのか、 悲 ( かな )しんでいいのかわからないような 気持 ( きもち )です。 哲学者 ( てつがくしゃ )といわれる人たちは、同じ 原因 ( げんいん )があればいつでも 同 ( おな )じ 結果 ( けっか )になるということを知っています。 ここにのせた「母の 話 ( はなし )」は、その 追憶風 ( ついおくふう )の小説『ピエール・ノジエール』の中の一 章 ( しょう )で、これだけ 読 ( よ )めばアナトール・フランスがみんなわかるというようなものではありませんけれど、まずまず、どんな人か 見当 ( けんとう )がつくでしょう。 La Vie en Fleur, 『花咲く日』訳、第一書房、1937 『花ざかりの頃』訳、白水社(アナトオル・フランス長篇小説全集)、1943 文芸評論 [ ]• ところがそれは 駄目 ( だめ )なのです。 ベルナールとロジェとジャックとマルセルは、それを 追 ( お )いかけはじめます。 可哀 ( かわい )そうなエチエンヌも、やっぱり自分の 脚 ( あし ) 相応 ( そうおう )に 歩 ( ある )いているのです。 けれども、お 友 ( とも )だちのジャンの 家 ( いえ )へ行くのには、たっぷり一キロは歩かなければならないのです。 エチエンヌは 走 ( はし )ります。 そうして 弱 ( よわ )い 人 ( ひと )たちをおいてきぼりにします。 行列の中には七十五頭の駱駝がゐて、それが皆肉桂、 没薬 ( もつやく )、砂金、象牙などを負うてゐるのである。 エムリーヌ・カペルさんも、 算術 ( さんじゅつ )の 時間 ( じかん )がよく 出来 ( でき )たので、いいお 点 ( てん )をいただきました。 ローズ・ブノワさんは、その 楽園 ( らくえん )にある花の 名前 ( なまえ )を 全部 ( ぜんぶ )と、その 方舟 ( はこぶね )に 乗 ( の )っていた 獣 ( けもの )の名前を全部 知 ( し )っています。 エチエンヌはすっかり 息 ( いき )を切らして四人に 追 ( お )いつきます。 母はいろいろなお 話 ( はなし )をして、 僕 ( ぼく )を 楽 ( たの )しませてくれたが、 自分 ( じぶん )ではなんにも考え 出 ( だ )せないと思っていたものだから、僕の持っていた 絵本 ( えほん )の 絵 ( え )を 土台 ( どだい )にしてお 話 ( はなし )をしてくれたものだ。 そういうところは、この子たちも 大人 ( おとな )も 同 ( おな )じです。 千八百四十四年、パリの 商家 ( しょうか )に生まれ、少年の頃から 書物 ( しょもつ )の中で育ったといわれるくらい 沢山 ( たくさん )の本を読みました。 長編小説『シルヴェストル・ボナールの罪 Le Crime de Sylvestre Bonnard 』を発表。 一 生懸命 ( しょうけんめい )、足を 速 ( はや )めます。 」 大きいものの 過 ( あやま )ち 道 ( みち )というものは 川 ( かわ )によく 似 ( に )ています。 学校から 帰 ( かえ )って 来 ( く )ると、エムリーヌ・カペルさんは、いいお 点 ( てん )をいただいたということをお母さんにお 話 ( はな )ししました。 そこの 小川 ( おがわ )のそばに自分のお 屋敷 ( やしき )があるんですから。 そうして、そういう 恰好 ( かっこう )をしているので、なんだか 素晴 ( すば )らしくみえます。 動物 ( どうぶつ )はいつの 時代 ( じだい )にも口をききましたし、 今 ( いま )でもまだ口をきくのです。 『わたくしは 撞 ( つ )き葱をつけてあのおさかなを一つたべて見たうございますの。 エチエンヌのことも、 真黄色 ( まっきいろ )な 綺麗 ( きれい )な道のことも忘れてしまいます。 一行は通りすがりに、花ざかりの 柘榴 ( ざくろ )の木の下で若い女が大ぜい踊つてゐるのに遇つた。 エチエンヌは非常な 勇気 ( ゆうき )を 奮 ( ふる )い起こします。 「じゃ、あなたは、エムリーヌ・カペルさん、十二から四つ 引 ( ひ )いたら、 幾 ( いく )つ 残 ( のこ )りますか。 これくらいきちんとして出かければ、 申 ( もう )し 分 ( ぶん )はありません。 何よりも、 力 ( りき )み 返 ( かえ )ること、 大声 ( おおごえ )を立てることが 嫌 ( きら )いです。 反対 ( はんたい )に、 聖書 ( せいしょ )のお話は 大変 ( たいへん )よく知っています。 大きい人たちは、つまりお 兄 ( にい )さんたちなんですから、 待 ( ま )ってやればいいのに、エチエンヌの足にあわせて 歩 ( ある )いてやればいいのにと思うでしょう。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )は、なんでもよくお 出来 ( でき )になるのですが、この小さな 生徒 ( せいと )たちに 先 ( ま )ず 計算 ( けいさん )の 仕方 ( しかた )をお 教 ( おし )えになります。 学校 誰 ( だれ )がなんといっても、ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )の 学校 ( がっこう )は、 世界中 ( せかいじゅう )にある女の子の 学校 ( がっこう )のうちで一番いい 学校 ( がっこう )です。 『それでも 夜中 ( よぢう )、わたくしは怖の嬉しいをののきが体に通ふのを待つて居るのでございます、おそろしさに髪が逆立つのを待つてゐるのでございます。 そこで、ローズ・ブノワさんはすっかり 考 ( かんが )え 込 ( こ )んでしまいます。 お 母 ( かあ )さんにちゃんとお 約束 ( やくそく )をしたので、五人だけで 行 ( い )ってもいいというお 許 ( ゆる )しが出たのです。 」と、ローズ・ブノワさんは 答 ( こた )えます。 鴉 ( からす )と 狐 ( きつね )の 問答 ( もんどう )、 驢馬 ( ろば )と小犬の問答、 雄鶏 ( おんどり )と 雌鶏 ( めんどり )の問答などを 残 ( のこ )らず知っています。 つまり、川というのは 自然 ( しぜん )に 出来 ( でき )た道で、人は七 里 ( り )ひと 跳 ( と )びの 靴 ( くつ )をはいてそこを歩き 廻 ( まわ )るのです。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )は高い 椅子 ( いす )に 姿勢 ( しせい )を 真直 ( まっすぐ )にして 腰掛 ( こしか )けていらっしゃいます。 仕舞には羊が丸ごと煮えてゐた大きな 青銅 ( からかね )の鍋さへも投げつけた。 それから、ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )と同じ数だけのお 伽話 ( とぎばなし )を知っています。 しかし、なんといっても、 小 ( ちい )さすぎます。 ちょうど、それだけの 数 ( すう )の小さな 壜 ( びん )が 並 ( なら )んでいるようで、ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )は、その 壜 ( びん )の一つ一つへ学問という 葡萄酒 ( ぶどうしゅ )をつぎ 込 ( こ )んでいらっしゃるのだという 気 ( き )がします。 ところで、この四 人 ( にん )の、大きい人たち、 強 ( つよ )い人たち、 元気 ( げんき )な 人 ( ひと )たちは、 急 ( きゅう )に 立 ( た )ちどまります。 Les contes de Jacques Tournebroche(ジャック・トゥルヌブローシュのコント),• 彼は、 詩 ( し )、 小説 ( しょうせつ )、 戯曲 ( ぎきょく )、 評論 ( ひょうろん )、 伝記 ( でんき )、その 他 ( た )いろいろなものを 書 ( か )きましたが、すべて、 立派 ( りっぱ )な作品として長く 残 ( のこ )るようなものが多く、中でも、小説と 随筆 ( ずいひつ )とには、 世界的 ( せかいてき )な 傑作 ( けっさく )が少なくありません。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )のところに八つ 残 ( のこ )っているということはわかっていますが、それが八つの 帽子 ( ぼうし )か、八つのハンケチか、それとも、八つの 林檎 ( りんご )か、八つのペンかということがわからないのです。 』 『さう? それなら其方のお眼は? 其方のお口は? 其方のお色つやは? 其方のお喉は?』女王は口を絶たない。 わたくしの側へお坐り遊ばせ』女王は白い光の様な、しなやかな指で、地に鋪いてある紫の 褥 ( しとね )を指ざすのである。 宿無しや立ん坊が 私窩子 ( しくわし )をひきずりこむ処である。 国道 ( こくどう )は日に 照 ( て )らされて、きいろい 綺麗 ( きれい )なリボンのように 牧場 ( まきば )や 畑 ( はたけ )に 沿 ( そ )って先へと 伸 ( の )び、町や村を通りぬけ、人の話では、 船 ( ふね )の見える海まで 続 ( つづ )いているということです。 髪 ( かみ )はひっつめに 結 ( ゆ )って、 黒 ( くろ )の 肩 ( かた )マントをしていらっしゃる、もうそれだけで、 先生 ( せんせい )を 敬 ( うやま )う 気持 ( きもち )がおこると一しょに、 先生 ( せんせい )がどことなく 好 ( す )きになるのです。 十二日の旅が 了 ( をは )ると、漸く薔薇のにほひがし始めた。 ほんとうに 有難 ( ありがた )いものですよ、 道 ( みち )っていうものは。 短 ( みじか )い 脚 ( あし )を 精 ( せい )いっぱいにひろげます。 追随するのは魔法師のセムボビチスと 宦官 ( くわんぐわん )のメンケラとである。 』 五 バルタザアル王がバルキスを愛さなくなつたと云ふ噂がエチオピアと近隣の王国とに 播 ( ひろま )つた。 なるほど 跳 ( と )ぶはずです、その 生 ( い )きものというのは 蛙 ( かえる )で、 道 ( みち )ばたの 草原 ( くさはら )まで行こうと思っているのです。 しかし、 彼女 ( かのじょ )のものの考え方には、どことなく 面白 ( おもしろ )いところがあったので、 家 ( うち )の 中 ( なか )のつまらない 仕事 ( しごと )もそのために 活気 ( かっき )づき、 潤 ( うるお )いが 生 ( しょう )じた。 或夜バルタザアルが塔の上であの不思議な星を眺めてゐた時に、ふと眼を地上に転ずると、蟻の群の様に一条の黒い長い線が沙漠の遠いはてに 逶 ( ゐい )としてうねつてゐるのが見えた。 (2020.03.23) 今日の三句 おお、ここに の 晴れ姿 線路の踏切の入り口近くに育って。 そうでしょう、 道 ( みち )があるお 蔭 ( かげ )で、 方々 ( ほうぼう )の 土地 ( とち )に出来る 品物 ( しなもの )がどんどんわたしたちのところへ 運 ( はこ )ばれて来ますし、お 友 ( とも )だち 同士 ( どうし )も 楽 ( らく )に 往 ( い )ったり 来 ( き )たりすることが出来ます。 Le Puits de Sainte Claire 聖女クララの泉 ,• 文章は 平明 ( へいめい )で 微妙 ( びみょう )で 調子 ( ちょうし )が 整 ( ととの )っていて、その上自然な重々しさをもっています。 このお 祖父様方 ( じいさまがた )はお 亡 ( な )くなりになった 後 ( あと )にお 名前 ( なまえ )が 残 ( のこ )っていません。 これを 澄 ( す )んだ泉の水にたとえた人がいますが、 実際 ( じっさい )フランス語でこれを読むと、もう百倍も 美 ( うつく )しい文章だということがわかります。 ゲートルをはかされた四人の 方 ( ほう )は、しおしおとひっかえします。 すると眼界が急に開けて、バルキスの王宮の大理石の壁と紫の 幕 ( ひらまく )と金の円天井とが一行の眼の前に現れた。 わたしたちは、ただそのお 祖父様方 ( じいさまがた )がいろいろいいことをして 下 ( くだ )さったということを 知 ( し )っているだけです。 もう四人は 草原 ( くさはら )の中へはいっています。 しかし、 鳥 ( とり )や 獣 ( けもの )は自分のお友だちにしか口をききません。 五人の 仲間 ( なかま )はそんな 遠 ( とお )くまでは行きません。 ですから、この小さな人たちがじっとお 行儀 ( ぎょうぎ )よくしているところは、見ていてこんないい 気持 ( きもち )のことはありません。 』 脚注 [ ] []• Les Sept Femmes de Barbe bleue et autres contes merveilleux, 1909 『青鬚の七人の妻』他三篇 訳 角川文庫、1953• 熱情 ( ねつじょう )も時には 素晴 ( すば )らしい仕事をさせる 武器 ( ぶき )ですが、 冷静 ( れいせい )は常に物の道理を考えさせる 唯一 ( ゆいいつ )の力です。 ですが、このお 話 ( はなし )がどうなるか、おしまいまできいていらっしゃい。 地面 ( じめん )に一 匹 ( ぴき )の生きものが 跳 ( と )んでいるのを見つけたのです。 それは、 川 ( かわ )というものがもともと 道 ( みち )だからです。 そこで、大きい人や 強 ( つよ )い人には 大変 ( たいへん )な 災難 ( さいなん )が降りかかって 来 ( く )るということを、 無邪気 ( むじゃき )な頭の中でいろいろと 考 ( かんが )えてみます。 バルキスはほほゑみながら眼を閉ぢて、紫の 臥榻 ( ぐわたふ )の上に横はつて居た。 動物 ( どうぶつ )も 昔 ( むかし )は口をきいたということを 人 ( ひと )から 聞 ( き )いても、ローズ・ブノワさんはちっとも 驚 ( おどろ )きません。 Sur la Pierre Blanche, 『白き石の上にて』訳、新潮社、1924 『白き石の上にて』訳、白水社(アナトオル・フランス長篇小説全集)、1950• 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 前がき アナトール・フランスは 本名 ( ほんみょう )をアナトール・チボーといい、フランスでも 第 ( だい )一 流 ( りゅう )の文学者であります。 つまり彼女は、たくまないお 伽話 ( とぎばなし )の 作者 ( さくしゃ )だった。 そして五人は 出 ( で )かけました。 どうしても 仲間 ( なかま )について行けません。 なんでもないことをいっているようで、よく 読 ( よ )んでみると、なかなか 誰 ( だれ )にでもいえないことをいっている。.

  • 蛙というものは、 天然自然 ( てんねんしぜん )の 細工物 ( さいくもの )として、これはたいしたものです。 動物 ( どうぶつ )が今ではもう 口 ( くち )をきかないなんていう 人 ( ひと )があったら、かえって驚いたでしょう。 ちょっと 皮肉 ( ひにく )なところがありますが、 優 ( やさ )しい 微笑 ( びしょう )をたたえた皮肉で、世の中の不正や 醜 ( みにく )さに、それとなく 鋭 ( するど )い 鋒先 ( ほこさき )を向けています。 Jocaste et le Chat Maigre ジョカストとやせ猫 ,• そこで五人は 出 ( で )かけました。 お 母 ( かあ )さんとのお 約束 ( やくそく )も 忘 ( わす )れてしまいます。 アナトール・フランスは、また、世界で 屈指 ( くっし )の 名文家 ( めいぶんか )です。 ローズ・ブノワさんには、 自分 ( じぶん )の家の大きな 犬 ( いぬ )のトムと 小 ( ちい )さなカナリヤのキュイップの 言葉 ( ことば )がちゃんとわかるのです。 しかし、それほど 立派 ( りっぱ )で 一糸乱 ( いっしみだ )れないなかに、一つだけいけないところがあります。 知識を教へてくれるならば、己はお前に万民の 瞻仰 ( せんぎやう )する名誉を与へてやる。 バルキスは塩魚が天井の 桷 ( たるき )からぶら下つてゐるのを見て、連れにかう云つた。 これがまた 素敵 ( すてき )なのである。 ユダヤのベツレヘムに生れようとしてゐる小児へ贈物の 黄金 ( きん )を持つて行く所なのだ。 ローズ・ブノワさんは 動物 ( どうぶつ )が 好 ( す )きで、 動物 ( どうぶつ )の方でもローズ・ブノワさんが 好 ( す )きです。 母は 家庭向 ( かていむ )きの 奥 ( おく )さんという 性 ( たち )の人で、 家 ( うち )の中の用事にかかりっきりだった。 (2020.03.18) 華奢なれど 糸葉 自己主張 (2020.03.20) 水辺なく 和する河童の やるせなさ 最近、八瀬川の親水公園施設が取り壊され、残ったブロンズ像がさみしくポツンと。 Le Livre de Mon Ami わが友の書 , 『わが友の書』訳 第一書房、1934 『わが友の書』訳 東和出版社、1943 『わが友の書』金子博訳 新潮文庫、1952• ふざけないで歩くこと、 決 ( けっ )して 傍道 ( わきみち )をしないこと、馬や車をよけること、五人のうちで一 番 ( ばん )小さいエチエンヌのそばを決して 離 ( はな )れないこと、そういうお 約束 ( やくそく )をして 来 ( き )たのです。 緑の 草原 ( くさはら )の 精 ( せい )が、いいつけを 守 ( まも )らない四人の者に、こんな 泥 ( どろ )のゲートルをはかせたのです。 Affaire Crainquebille, 1901 『クレンクビーユ』訳、平凡社(新興文学全集)、1931 『クランクビーユ』山内義雄訳、新潮社(世界文学全集)、1930 『クランクビーユ』他訳、白水社(アナトオル・フランス短篇小説全集)、1939• そこで 蛙 ( かえる )さんは 跳 ( と )んで行きます。 だって、 船 ( ふね )のことをいうのにこれよりいい 名前 ( なまえ )がありますか? ですから、 道 ( みち )というのは、 人間 ( にんげん )が人間のためにこしらえた川のようなものです。 Vie de Jeanne d'Arc, 『』訳 早稲田大学出版部、1917 翻案作品 [ ] 音楽 [ ]• 道 ( みち )は、川の 表面 ( ひょうめん )のように 平 ( たいら )で、 綺麗 ( きれい )で、 車 ( くるま )の 輪 ( わ )や 靴 ( くつ )の 底 ( そこ )をしっかりと、しかし 気持 ( きもち )よく 支 ( ささ )えてくれます。 」と、エムリーヌ・カペルさんは 答 ( こた )えます。 ですから、 算術 ( さんじゅつ )はちっともわかりません。 」 翻訳ノート1 (次回:「承」に続く) の小説 今日の一品 @具乗せハンペン焼き 弟作。 反対 ( はんたい )に、 小 ( ちい )さなエチエンヌの 清浄無垢 ( せいじょうむく )なことは、その 薔薇 ( ばら )いろの 腓 ( ふくらはぎ )に、 後光 ( ごこう )のように 現 ( あらわ )れているでしょう。 調子 ( ちょうし )が 揃 ( そろ )う 筈 ( はず )がありません。 そこで王は 畢生 ( ひつせい )の記憶力を絞つて、エチオピアの料理人が 榲 ( マルメロ )を蜜の中へ入れて貯へる方法を叙述しようとした。 母は、ストーヴや 鍋 ( なべ )や、ナイフやフォークや、 布巾 ( ふきん )やアイロンや、そういうものに 生命 ( いのち )を 吹 ( ふ )きこみ、話をさせる 術 ( じゅつ )を心得ていた。 厳格 ( げんかく )ですけれど、 優 ( やさ )しい 先生 ( せんせい )です。 ジャンセエニュ 先生 ( せんせい )の 生徒 ( せいと )はみんなおとなしくて、 勉強家 ( べんきょうか )です。 千九百二十四年、すなわち大正十三年に、彼は 死 ( し )にました。 これはわたしたちのお 祖父様方 ( じいさまがた )が 作 ( つく )って 下 ( くだ )さったものの 中 ( なか )でもいちばん 立派 ( りっぱ )なものです。 そんな 心掛 ( こころがけ )は、この 子 ( こ )たちにはそもそも 註文 ( ちゅうもん )するだけ 無理 ( むり )なのです。 即位の第三年行年二十二の時に王は国を出て、シバの女王バルキス 聘問 ( へいもん )の途に上つた。 詩人の雑誌『現代高踏詩集( Le Parnasse contemporain)』に詩作品『 La Part de Madeleine』が発表される。 - 前任: 第13代: - 後任:.

アナトール・フランス 岸田國士訳 母の話

.

  • .




2022 keine-zukunft-fuer-nazis.info